「ビーナちゃんの二十四節気便り」がはじまりました

太陽の周りを二周とすこし巡りながら配信している「ビーナちゃんの二十四節気」。

 

この秋分から新しく「ビーナの二十四節気便り」として、Youtubeでの配信が始まりました。

ビーナちゃん、ビームくんによる語りがまだたどたどしいですが、ビーナちゃん企画によるナレーションと大滝さん&ビーナちゃんによるイラストや季節の写真をお楽しみいただけたら幸いです。是非応援をよろしくお願いいたします。

 


秋分:しゅうぶん(二十四節気 第16番)

秋分(しゅうぶん)

【ビーナちゃんの二十四節気(第16番:秋分)】

 

青く澄んだ空に、さらさらと肌をなでる風。
店頭には栗や松茸、さんまなど秋の味覚も並び始め、秋らしさが増してきました。

今日から秋分。秋の中間点でもあり、春分からスタートしたこの年度の折り返し地点です。

ビーナちゃんの二十四節気では、新しい取り組みとしてイラストと写真による動画配信をはじめていきます。
まだたどたどしいビーナちゃん・ビームくんの語りですが、温かくお見守り&楽しんでいただけたら幸いです。

 

ーーー
『秋分:しゅうぶん(二十四節気:16番/太陽黄経180°)』

 

9月23日頃から。春分を起点に太陽をちょうど半周まわった折り返し地点。春分同様、太陽は真東からのぼって真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ等しくなります。

秋分点付近では朝日夕日がとても美しく力強さを感じます。秋分はお彼岸のお中日。「暑さ寒さも彼岸過ぎまで」という表現があるように、例年この頃からぐっと秋らしさが増していきます。またお彼岸と言えば「おはぎ」。萩の花を由来としているそうです。

 

◯七十二候
・初候:雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ:夏に鳴り響いていた雷が収まってくるころ)
・次候:蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ:虫たちが冬ごもりの支度を始めるころ)
・末候:水始涸(みずはじめてかる:田んぼの水を抜いて、稲刈りの準備をはじめるころ)

 

◯旬の味覚
まつたっけ、葉とうがらし、里芋、ザクロ、さんま、さばなど

 

◯季節の楽しみ
おいしいものがたくさんの実りの季節。日本は世界中でも生物の多様性が特に多い国なのだとか。四季折々豊かな自然に恵まれた国で、私たちは生き生かされているのですね。七輪に炭を起こし、旬の里芋、おむすびなどをゆっくりじっくり焼き味わうのもおすすめです。


白露:はくろ(二十四節気 第15番)

白露(はくろ)

【ビーナちゃんの二十四節気(第15番:白露)】
台風に地震と自然の調整作用が続く今年。被災された地域の一日も早い復興と、この先の小難無難をお祈りしています。

先の台風を経て関東では秋の風を感じるようになりました。八百屋さんには栗も並び始め、今日から白露。次の節気は秋を分つ秋分点。いよいよ春分からの折り返し地点になります。
そろそろ食も身体を温めるものを、お出かけには羽織ものを、そして寝るときには一枚多く掛け物を用意して、気温の変化に対応できる工夫をしていきたいですね。

 

ーーー

 

『白露:はくろ(二十四節気:15番/太陽黄経165°)』

9月8日から。白露とは草の葉に白い露が結ぶという意味。まだ蒸し暑さが残る頃、夜の間に大気が冷え込んで草花に朝露が宿ることから名付けられたとか。野にはススキの穂がゆらめき、空の高さや雲の変化を感じるなど、本格的な秋の訪れを感じられる時期です。実りの季節のはじまり。 今では一年中おおよその野菜が栽培可能になりつつありますが、季節の食べ物は味だけでなく、季節に即した働きをするいのちのめぐみ。食で秋を楽しむのもいいですね。

 

◯七十二候
・初候:草露白(そうろ しろし:草花の上に降りた露が白く光って見えるころ)
・次候:鶺鴒鳴(せきれい なく: セキレイがなきはじめるころ)
・末候:玄鳥去(げんちょう さる:春に日本に渡ってきたツバメが、暖かい地域へと戻っていくころ)

 

◯旬の食べ物
かぼちゃ、くり、落花生、巨峰、こんぶ、太刀魚など

 

◯季節の楽しみ
ほんのり涼しい風に吹かれながら、夜空に輝く月の美しさにうっとり。見上げて望むもいいけれど、大地に寝転んでみるとまるで広い夜空に包まれているよう。少し厚手のピクニックシートとブランケット、温かい飲み物などを持って夜の野原へ出かけてみませんか?


処暑:しょしょ(二十四節気 第14番)

処暑(しょしょ)

【ビーナちゃんの二十四節気(第14番:処暑)】

 

二十四節気の秋2番目の節、処暑。

涼しかった立秋の期間を経て、ここ数日の関東は再び暑さが戻って来ました。お彼岸までは暑さが続きそうですが、耳を澄ますと虫の音が。肌に感じる夜風はほんのり涼しく秋のはじまりを感じます。夏野菜がメインだった食卓も、旬のツルムラサキやみょうがをおひたしにして秋仕様。

已然続く台風の発生に、全国各地が小難無難に、豊かな実りの秋を迎えられますように。

 

ーーー

 

『処暑:しょしょ(二十四節気:14番/太陽黄経150°)』

 

8月23日から。 「処暑」とは暑さが和らぐという意味。秋の彼岸まではまだ暑さが続くもののピークは過ぎ、朝夕は涼風が吹いてほんのり秋らしさもでてくるころ。 夏から秋に移り行く期間、徐々に中庸の食べ物で体を整えたり一つ羽織ものを持って出かけたり、心身も環境も秋の準備を始める目安の時期です。

 

◯七十二候
・綿柎開(わたのはなしべひらく:綿を包んでいる萼が開くころ)
・天地始粛(てんちはじめてさむし:暑さがようやく収まってくるころ)
・禾乃登(こくものすなわちみのる:稲が実り、穂先が重く垂れ下がってくるころ)

 

◯旬の食べ物
みょうが、ツルムラサキ、青唐辛子、ぶどう、イチジク、イワシなど

 

◯季節の楽しみ
綿花が咲いて稲穂が実り、秋の七草(はぎ、なでしこ、ききょう、ふじばかま、おみなえし、おばな、くず)に虫の声。夏の名残を惜しみながらも自然の世界ではすでに沢山の秋が見つかります。五感をすまし、一日で夏と秋の両方を味わうのも楽しいですね。


立秋:りっしゅう(二十四節気 第13番)

立秋(りっしゅう)

 

【ビーナちゃんの二十四節気(第13番:立秋)】

 

今日は立秋。暦の上では秋が始まります。
「土用があけるのは今日だったよね?確かになんだか空気が違う」と、朝起きて来た子どもたち。台風の影響もあってか今朝は急に気温の下がった今朝の東京。自然現象は調整作用とはいえ各地の小難無難を祈るばかりです。

 

暑さはまだ続くようですが、冷たいものは控えめに。からだの中に熱がこもらないように自然の作用を上手に使い、汗も適度にかいて、季節の変化に合わせて身体も整えていきたいですね。

 

ーーー

 

『立秋:りっしゅう(二十四節気:13番/太陽黄経135°)』

8月7日から。夏至と秋分のちょうど真ん中で、暦の上では秋が始まります。ただ、日中は残暑厳しく一年で最も気温が高くなる頃で、残暑見舞いを出すのもこの期間。各地で夏祭りが行われます。お盆の時期で夏の行楽もまだ続いていきますが、耳をすますと夏の終わりを告げるヒグラシやの虫の声が。空には秋のうろこ雲が顔をのぞかせる頃。ツユクサも綺麗に咲いています。

 

◯七十二候
・初候:涼風至(すずかぜいたる : 日差しも和らぎ秋の涼しい風が吹き始めるころ)
・次候:寒蝉鳴(ひぐらしなく :朝夕にひぐらしが鳴き始めるころ)
・末候:蒙霧升降(ふかききりまとう : 山や水辺に深い霧が立ち込めるころ)

 

◯旬の味覚
新しょうが、赤唐辛子、ずいき、モロヘイヤ、茄子、桃、アワビなど

 

◯季節の楽しみ
お彼岸と並びお盆といえばお墓まいり。もともとお盆は、いのちのバトンを繋いでくれたご先祖様に、感謝と敬いの気持ちを表す神事だったそう。その後伝来した仏教と合わさり、お供物を捧げて、ご先祖様に感謝するようになったのだとか。様々に便利になりゆく今ですが、昔ながらの行事には先人のこころが詰まっているかのようです。



links

ビーナちゃんのみつろうクレヨン

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode