ビーナの二十四節気便り「春分」


 
光が等分されここから北半球は陽が満ちていく時。
大地から元気よく顔を出し始めた植物たち。
いろいとりどりの花。
沈丁花の豊かな香り。
小鳥の歌う声
 
思わず一緒に歌いたくなる季節です。
 
先週から
 遊びがてら野原に出かけたり
 摘んで来た旬や季節の味を一緒に調理し味わったり
 調べてシナリオを創り音声を吹き込んだりと
ここ数日かかりで完成した動画。
 
節季の動画づくりも回を重ねるごとに子どもたちも吹き込みに慣れて来て、こんなイントネーションで言ってみたい、こういう台詞や掛け合いをしたいとアイデアがあふれてきます。
 
どんなに予定が詰まっていても(特にビーナちゃん)「やっぱり動画だけはやりたい!」「見たり楽しんでくださる方がいるなら届けたい。」と今回はビーナちゃん担当のパートは一日がかりで仕上げてくれました。
 
野原に出かけたり買い出しに出かけたりの下ごしらえはビームくん。長い台詞が言えないとくやしくて、おへそが曲がってしまうシーンもあり、特に今回は一日にぎゅっと濃縮した制作日があったため、夜は眠い目をこすりながらの収録でした。
 
毎回そんなこんなで「大変なんだよ」といいつつ、お友達に二十四節気便りをみてねと宣伝しているようで、お友達のお母さんに会うと「見ましたよ〜」と声をかけてもらうことも。
 
今回もわらべうたは、幼児教育に長年従事されたライアー奏者の池末みゆき先生に教えていただいたもの。春分の今日は茅ヶ崎でコンサートとお話会をされるということで家族で参加させていただく予定。とてもたのしみです。
 
最後の豆知識クイズも、子どもたちが学ぶ楽しさを教えていただいている脳科学塾のRAKUTOさんでビーナちゃんが理科の授業で知り感動した「はなびらの種類」がテーマです。

-------
 
*この二十四節気の配信は、天地自然のリズムと調和して生きる円形の暦「太陽系時空間地図:地球暦」を元にしています。365日360度惑星の動き・地球の変化が感じられてとても楽しい暦です。
 
3月21日始まりの「地球暦2019」好評発売中です!
http://camwacca.shop-pro.jp/?pid=139277868
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
自然とつながるライフセレクトのお店
CAMWACCA SELECT STORE
STORE
http://camwacca.shop-pro.jp/
blog
http://blog.camwacca.jp/
https://ameblo.jp/giftofwonder/
YouTube 
https://m.youtube.com/channel/UC6PtA2_g10TncFwkDtvnnzw
LINE@
http://camwacca.jp/about/lineat.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


春分:しゅんぶん(二十四節気 第4番)

春分(しゅんぶん)

 

銀河新年、春分あけましておめでとうございます。
春の中心点であり、新しい年度の始まりです。

太陽から届く光が昼夜等分されるこの時期。
ご卒園、ご卒業ーご入学、ご就職。
大きな節目を迎えていらっしゃる方、あたらしい年度に心新たにされている方、様々いらっしゃると思います。

この春分から始まる一年が皆様にとって、歓びとともにありますように。

ーーーー

『春分:しゅんぶん(二十四節気:4番/太陽黄経0°)』

3月21日から。
お日様が真東から昇り真西に沈み、ちょうど昼と夜の長さが同じくらいになる頃。

太陽の天球上の通り道「黄道」と天の赤道が交わるところが春分点。宇宙の新年とも言われています。日本ではちょうど春分を過ぎた頃が年度の始まり。もともと「こんにちは」という言葉は、相手をお日様と呼びかける言葉だったそうで、お日様との関係を大切にする日本ならではの暦区切りですね。

◯七十二候
・初候:雀始巣(すずめはじめてすくう:雀が巣を作り始めるころ)
・次候:桜始開(さくらはじめてひらく:各地からの桜の便りが届くころ)
・末候:雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす:遠くの方で春の訪れを告げる雷が鳴るころ)

◯旬のたべもの
アスパラ、わけぎ、うど、あさり、さくらえびなど

◯季節のたのしみ
春分を挟んで前後三日は春のお彼岸です。お彼岸といえばお墓まいり。
先祖代々、そして生きとし生けるものすべて、いのちが繋がり生かされている私たち。光を分つ春分に、いのちとご先祖様に感謝してはじめられるって、気持ちがいいですね。

-------

*この二十四節気の配信は、天地自然のリズムと調和して生きる円形の暦「太陽系時空間地図:地球暦」を元にしています。365日360度惑星の動き・地球の変化が感じられてとても楽しい暦です。

3月21日始まりの「地球暦2019」好評発売中です!
http://camwacca.shop-pro.jp/?pid=139277868

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
自然とつながるライフセレクトのお店
CAMWACCA SELECT STORE
STORE
http://camwacca.shop-pro.jp/
blog
http://blog.camwacca.jp/
https://ameblo.jp/giftofwonder/
YouTube 
https://m.youtube.com/channel/UC6PtA2_g10TncFwkDtvnnzw
LINE@
http://camwacca.jp/about/lineat.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ビーナの二十四節気便り「啓蟄」

 
「四季折々、感性豊かに暮らしを楽しみ味わう」をテーマに、子どもたちとの共同企画・脚本・ナレーションでお届けする、季節のお便り「ビーナちゃんの二十四節気便り」12作目の啓蟄。
二十四節気の、半分まで来ました〜。
 *毎回応援してくださっている皆様、本当にありがとうございます。
   
作るたびに子供たちのノリや興味関心が移っているので、24本の動画は毎回変わっていくけれど、まずは季節を楽しみながらみんなで作っています。
 
毎回、各節気の様子や背景、暮らしのことについて、親子で調べていきながら、どんな体験してみたい?と相談。
やっぱり人気は食の体験。おやつ作りに集中します。
  
3人とも実験や作るのが大好きなので、作り方を見比べながら、これとこれ、どっちも作っちゃう?と今回は2種類のお団子作りをしました。
 
最後のコーナーはビーナちゃん最近の『!なるほど体験』から。
風はどうやってできるか知ってる?と嬉しそうに帰って来たビーナちゃん。数日前から風のできる仕組みを家族みんなに教えてくれていたのですが、やっぱり動画にも入れたいのだとか。
詳しい説明ではないのですが、なんとなく伝わったら嬉しいなとのこと。
 
最初に二人が歌っている「梅と鶯」の歌は、前回同様、子供達が幼稚園時代にライアークラスに通わせていただいた池末みゆき先生に教えていただいた歌。
新しい季節を感じるとつい歌ってしまう季節のわらべうた。これからも少しずつご紹介していきたいと思っています。
 
 *池末みゆきさんのライブが3月21日に茅ヶ崎であります。
  子供たちも大好きなライアーの響き、ぜひ足を運んでみてください。
  https://www.facebook.com/events/400783637134770/


啓蟄:けいちつ(二十四節気 第3番)

啓蟄(けいちつ)


赤、白、水色、黄色、ピンク・・・
沢山の花が咲き始め、野原も街も色づいてきました。
気温もあがり、外に出たくなる季節。

二十四節気は啓蟄に。虫も土からはい出してきます。

花粉が辛い・・と言う声があちこちから聞こえてきます。
ビーナちゃん、ビームくんも例外ではなく、目がかゆーい、でも外で遊びたい子どもたち。
鼻うがいをしたり、漢方を飲んだり、お手当をしながらの毎日です。
免疫バランスを整えて、身体を緩めるといいのだとか。

寒暖差も大きな季節ですが、楽しい季節を元気に満喫していきたいですね。

ーーー
『啓蟄:けいちつ(二十四節気:3番/太陽黄経345°)』

 

3月6日から。大地が温まり、冬ごもりから目覚めた虫たちが穴をひらいて顔をだす頃。

大気が不安定な時期なので、雷鳴が轟くことがあります。立春が過ぎ最初の雷のことを春雷といい、春の到来を告げるめでたいものと考えられているそう。

また、この時期に芽吹き始めるのが山菜。寒暖の差が激しく体調を崩しやすいこの頃に、解毒作用のある山菜をいただくのは暮らしの知恵ですね。

 

◯七十二候
・初候:蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく:冬ごもりしていた生き物が春に誘われ動き出すころ)
・次候:桃始笑(ももはじめてさく:桃の莟が開き、美しく咲き始めるころ)
・末候:菜虫化蝶(なむしちょうとなる:青虫がさなぎから蝶になり羽ばたいていくころ)

 

◯旬のたべもの
わらび、葉わさび、新タマネギ、さわらなど

 

◯季節のたのしみ
春めく日には温かい飲み物とおやつを持って、野原でぽかぽかピクニック。芽吹き始めたヨモギやノビルを採ったり、野花のブーケを作ったり、春ならではの楽しみ方がいっぱい。
*ノビルは天ぷらやピクルスにしてもおいしいです。


親子で作ろう「ちらし寿司」

今日から3月。もうすぐおひな祭りですね。

 

人参、椎茸、蓮根を、1つずつ煮しめて作るちらし寿司。

お祝い事があるたびに祖母が数日かかりで作ってくれたのを思い出します。

今年は雨水の動画制作に合わせ、ひな祭りを少し先取り。

思い出のちらし寿司で少しシンプルにして、ビーナちゃんと作りました。

 

 

茹でると色鮮やかになる絹さやに感動したり、思いのほかに厚くなった薄焼き卵にイメージと全然違うねと笑い合ったり、炊き上がったばかりのお米を2人で仰いで混ぜて酢飯にしたり…

 

子どもと一緒に作るのは1人でつくるより時間もかかるし、包丁を使うときは特に忍耐も。

子どもの「やってみたい」にいつも応えられる訳ではないのですが、

時には時間の余裕を持って季節の行事を一緒に用意していくのは、やっぱり楽しいなあと思います。

 

ちらし寿司はそれぞれの地方やご家庭で受け継がれている色々な作り方がありますが、今回は子ども作りやすいシンプルパージョンを、私のこだわりアイテムと合わせてご紹介します。

ちなみに我が家ではお料理にお砂糖はほとんど使わず、甘みは野菜の甘みが中心。なので甘味あっさりのちらし寿司です。

 

◼️材料

人参一本、干し椎茸5個くらい、蓮根2つ

絹さや12ー15枚、菜の花1束、卵4つ、焼き海苔

塩、醤油、お酒、甜菜糖、お酢

 

◼️作り方

 

1. 干し椎茸を軽く洗って一晩水につけてもどす。

 

2. 椎茸、人参の千切りを、それぞれ別のお鍋で、水1カップ、塩小さじ0.5、しょうゆ大さじ1、お酒大さじ1で別々に煮て汁気を飛ばす。

 

3. レンコンを洗い皮をさっとむいたら酢水につけ、シャキッと感を残してゆで、甘酢につける。

 

4. 絹さやは筋を取り、菜の花は洗って塩茹でし、冷水にあげたら水気を切る。菜の花は切る。

 

5. 卵を溶いて、フライパンに油を敷いて薄焼きにし、細く切って金糸卵にする。

6. 寿司酢をつくる(甘味控えめだとさっぱりします)

ご飯を固めに炊いて飯台にあけたら、寿司酢をかけて、うちわで扇ぎながら切り混ぜる。

 

8. 椎茸と人参を入れてさらに切り混ぜる。

 

9. お皿にご飯をよそって、レンコン、絹さや、菜の花、金糸卵をのせる。

お好みで刻み海苔や紅生姜をのせても美味しいです。

よかったら親子やお友達と作ってみてくださいね。

 

 

今日は「お酢なら何を選ぶ?」「フライパンのオススメはある?」とよく聞かれることもあり、

レシピと合わせて我が家で愛用している調味料と調理道具をご紹介。

カムワッカでのお取り扱いはありませんが、お味や空気感はオンラインストアの基準に準ずる品々です。

 

我が家の調理法は、切る、焼く、煮る、蒸す、程度で、しかもシンプルな味付け。

調味料で美味しさが格段に変わるので、シンプルに美味しくなるので美味しいものを大切使っています。

 

お酢はこれ。「老梅酢」

香りも酸味も優しいので和洋中、色々なお料理によく合います。

お酒は「みやこの料理酒」

これも味のバランスが良くて、空気感が軽やかなので好きです。

お醤油は、複数あります。

・オオシマオーシャンソルトさんが「ワノサト 」という別事業で作ってらっしゃるお醤油

中定商店さんの宝山丸大豆たまり

・最近出会った三つ星醤油も美味しい

  

・豆乳+このお醤油で卵かけご飯みたいな味になる、地蔵原たまり醤油

 

油は

基本、火を通すならビーナッツオイルか米油

オーフスカールスハムンさんのオイルなら大体どれも美味しいです。

 

火を通す&サラダにはアボガドオイル

火を通さずに最後にかけるのはオリーブオイルやごま油など。これらは改めて紹介します。

 

 

 

フライパンは何と言ってもバイオタン。

鉄のフライパンも使うけれど、お料理によってはなかなか難しい・・・

くっつかなくて、身体に優しいのはないかなと探して探してやっと見つけたのがこれ

26・32・キャセロールタイプの3つを持っていますが、26は特によく使います。

重いのだけが難点ですが、厚みがあってじっくり火が通るので美味しくできる!

フライパンのオススメは何?と聞いてくれたお友達。早速このバイオタンを購入し、冷凍のフライを焼きあげたところ家族から味が違う!なんか美味しいと声が上がったことを教えてくれました。

お値段は確かにはるけれど、少し貯めてでも手に入れて幸せ。本当に大活躍です。

 

 



links

ビーナちゃんのみつろうクレヨン

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode