ビーナの二十四節気便り「小寒」

 

ビーナ・ビームのシナリオとナレーションでお届けしている、二十四節気季節のお便り、『ビーナの二十四節気便り』小寒号をお届けします。

 

今回は年末年始の進行でしたが、シナリオと撮影・録音の子供たちもイラスト制作の大滝さんも、動画編集のスタッフも皆が力を合わせて完成することができ、ホッとしています。(毎回ドキドキで配信できるとホッ)

 

今回はまた新しいお友達、ビーアちゃんが登場。
ちなみに、ビーアちゃんのお父さんは前回、冬至号でニュージーランド出身のお父さんとして、南半球はいま夏だよと、子供たちに教えてくれた方。

 

今回冬休み中ということもあり、レモンシロップを一緒に作ったり、凧を作って海辺の公園であげたり、星空を見たり…
思ったより凧は飛ばすのに工夫が必要で、あれ?ちょっと残念。でも工夫してみたら少し飛ぶようになってニコニコ。そんな試行錯誤もあったけど、楽しいね、一緒に作るの嬉しいなと、子供たちにとっても忘れられない年明けとなりました。

 

シロップも凧も作り方はこの限りではないのですが、今回はお家にあるもので色々代用できる作り方をご紹介しています。
どちらも簡単に出来て楽しいのでぜひ作って見てくださいね。


小寒:しょうかん(二十四節気 第23番)

 

小寒(しょうかん)


関東では穏やかで晴れ間の多かったここ数日ですが、いよいよ二十四節気も終盤に。一年で最も寒い「寒」の時期に入ります。

寒仕込みの代表といえばお味噌。
ほぼ毎日お味噌汁が食卓に上がる我が家では年間でいただくお味噌は30キロほど。流石に全て手作りは難しいのですが、それでもお豆をコトコト煮たり、塩切り麹と混ぜていくときの香ばしい香りや温かな感触、黙々と詰めていく感じなどは出来立てのお味噌の味わいは格別。

 

今年も寒の内に作りたいねと子供たちと話しています。缶詰の煮豆や色々な豆で作れるのだとか。よかったら試してみてくださいね。

 

ーーー

『小寒 : しょうかん (二十四節気 : 23番 / 太陽黄径285°) 』


1月6日から。
本格的な寒さの到来する頃で寒の入りと言われ、節分までの期間は一年で最も寒くなります。寒中見舞いを出すのもこの時期。

年末年始に美味しいものをたくさん頂き、ちょっとおつかれ気味の胃腸は七草粥で整えて。旬のお野菜、大根おろしも体を整えてくれる強い味方。おじやに入れたり、シンプルなお出汁に入れてスープにしたり、梅干しや生姜を入れてもおいしいです。

 

◯七十二候 
・初候 : 芹乃栄
(せりすなわちさかう:春の七草セリが生え始めるころ) 
・次候 : 水泉動
(しみずあたたかをふくむ:大地の中で凍っていた泉の水が溶け動き始めるころ) 
・末候 : 雉始雊 
(きじはじめてなく : 雉が求愛のためケーンケーンと鳴き始めるころ)

 

◯旬のたべもの 
春の七草(せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ)、春菊、レモン、しじみなど

 

◯季節のたのしみ 
空気も澄んで空も大地も美しい季節。温かい支度をして自然の美を堪能しに出かけませんか?少し早足でお散歩をしていると体の内側からホカホカ暖まってきます。風のある日には凧揚げも楽しく、ちょっとした運動になります。空が澄んでいるので星もよく見え、天体観測も楽しいですね。

 

*この二十四節気の配信は、天地自然のリズムと調和して生きる円形の暦「太陽系時空間地図:地球暦」を元にしています。365日360度惑星の動き・地球の変化が感じられてとても楽しい暦です。

2019年度版は間も無く入荷予定。2018年度版は3月21日まで。まだ1/4の期間、3ヶ月以上太陽系惑星の動きを感じて楽しめます。残りわずかで在庫限りで今年度分は終了。よかったらお早めにお求めくださいね。
http://camwacca.shop-pro.jp/?pid=99238675

*イラストは大滝正明さんが蜜蝋クレヨンで描いてくださっています。
http://camwacca.shop-pro.jp/?pid=74363385

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
自然とつながるライフセレクトのお店
CAMWACCA SELECT STORE

STORE
http://camwacca.shop-pro.jp/
blog
http://blog.camwacca.jp/
https://ameblo.jp/giftofwonder/
YouTube 
https://m.youtube.com/channel/UC6PtA2_g10TncFwkDtvnnzw
LINE@
http://camwacca.jp/about/lineat.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


『ビーナ・ビームの二十四節気便り:冬至」

 

ビーナちゃん、ビームくんの脚本と語りによる季節のお便り、「ビーナの二十四節気便り:冬至」をお届けします。

 

今回の節季では、「一年のうち最も昼間の時間が短く夜が長くなる」の説明に、脚本を書いていたビーナちゃん「なんでなの?」

昼間が短くなったり長くなったりするのはどうして?に始まり、ゆず湯に入るのはなぜ?と子どもたちから出てくるたくさんの「?」。あらためてひもといてみると、天地自然の営みと、習わしの奥にある暮らしの知恵が見えてきます。

 

今回子どもたちと初挑戦したしめ縄。やってみると難しくて、熟練の方々がつくられるしめ縄とはほど遠いけれど、自分たちでつくってみると面白くて、その難しさが故に、つくってくださる方に感謝と尊敬の念が湧いてきます。そしてわらのいい香りに親子でうっとり。

 

藁をわけてくださったのは、神奈川県葉山町の木古庭というところで、農と食を営んでいる木古庭之農芸社さん。
私たちが開催/主催するイベントでもとってもおいしい菜食弁当を愛情たっぷりに届けてくださる方々です。
しめ縄づくりがしたいので・・・と問い合わせると、大切に育て乾燥した藁を快くわけてくださいました。

何でも手には入るけど、やってみると色々な発見があって興味深いです。お近くで手に入る機会があれば是非つくってみてくださいね。

 

*この二十四節気の配信は、天地自然のリズムと調和して生きる円形の暦「太陽系時空間地図:地球暦」を元にしています。365日360度惑星の動き・地球の変化が感じられてとても楽しい暦です。

2019年度版は間も無く入荷予定。2018年度版は3月21日まで。まだ1/4の期間、3ヶ月以上太陽系惑星の動きを感じて楽しめます。残りわずかで在庫限りで今年度分は終了。よかったらお早めにお求めくださいね。
http://camwacca.shop-pro.jp/?pid=99238675

*イラストは大滝正明さんが蜜蝋クレヨンで描いてくださっています。
http://camwacca.shop-pro.jp/?pid=74363385

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
自然とつながるライフセレクトのお店
CAMWACCA SELECT STORE

STORE
http://camwacca.shop-pro.jp/
blog
http://blog.camwacca.jp/
https://ameblo.jp/giftofwonder/
YouTube 
https://m.youtube.com/channel/UC6PtA2_g10TncFwkDtvnnzw
LINE@
http://camwacca.jp/about/lineat.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 


冬至:とうじ(二十四節気 第22番)

冬至(とうじ)

【ビーナちゃんの二十四節気(第22番:冬至)】

 

いよいよ冬の真ん中、冬至。一年のうち最も夜長の日。
日照時間が変化していくのは、軸をわずかに傾けおひさまを回り続けているから。
自然の動きに意識を向けると、普段見えていないものも見えてくる、そんな気がします。

 

冬至と言えばゆず湯と「ん」のつく食べ物。

どうぞゆったりお楽しみくださいね。

 

ーーー

『冬至:とうじ(二十四節気:22番/太陽黄経270°)』

 

12月22日から。

北半球では太陽が1年で最も南の軌道を描く日で、日照時間も1年で1番短くなります。旧暦では暦を計算する起点とされ、太陽の力が最も弱まるこの日を境に再び力が蘇るという意味で「太陽の生まれる日/太陽が復活する日」として、古代ローマでは盛大な冬至祭が行われていたのだそうです。

 

◯七十二候
・初候:乃東生(なつかれくさしょうず:うつぼぐさが芽を出すころ)
・次候:麋角解(さわしかつのおる:ヘラジカの角が落ち生え変わるころ)
・末候:雪下出麦(ゆきわたりてむぎのびる:積もった雪のしたで、麦が芽を出し始めるころ)

 

◯旬の食べ物

  水菜、赤かぶ、カリフラワー、黒豆、ゆず、マグロ、伊勢エビなど

 

◯季節の楽しみ
冬至は陰が極まり再び陽に転ずる日という意味で「一陽来復」とも言われ、運が上向く日とされています。この日に「ん」のつくものを食べると「運」が呼び込めるのだとか。年の瀬の忙しい時だけれど、ラストスパートの手前の小休止。少し早めにお家に帰って栄養豊富なかぼちゃを味わったり、ゆっくり柚子湯に入るのもいいですね。

 

*この二十四節気の配信は、天地自然のリズムと調和して生きる円形の暦「太陽系時空間地図:地球暦」を元にしています。365日360度惑星の動き・地球の変化が感じられてとても楽しい暦です。

2018年度版は3月21日まで。まだ1/4の期間、3ヶ月以上太陽系惑星の動きを感じて楽しめます。残りわずかで在庫限りで今年度分は終了。よかったらお早めにお求めくださいね。
http://camwacca.shop-pro.jp/?pid=99238675

*イラストは大滝正明さんが蜜蝋クレヨンで描いてくださっています。
http://camwacca.shop-pro.jp/?pid=74363385

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
自然とつながるライフセレクトのお店
CAMWACCA SELECT STORE

STORE
http://camwacca.shop-pro.jp/
blog
http://blog.camwacca.jp/
https://ameblo.jp/giftofwonder/
YouTube 
https://m.youtube.com/channel/UC6PtA2_g10TncFwkDtvnnzw
LINE@
http://camwacca.jp/about/lineat.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 


思いがけなさが楽しい「スクラッチ」

 

「寒い!」と思ったらあと数日で冬至。

 

澄んだ空気も美味しいので、自然の変化を感じに外へ出るのも楽しいけれど、室内でゆっくり温まりながら過ごすのも幸せな季節。

年末の忙しない時期だから、ほんの1時間程度自分に時間を作って、色を楽しみホっ体や心を緩めてあげるのもおすすめ。

 

ホッと緩んだところには「間」が生まれて、いのちの力が呼び込まれてくるのだとか。

植物が育っていくときに、土・光・水・風と様々ないのちの働きがありますが、もう一つ風で葉っぱが揺れることで緩みができ「間」が生まれいのちの力が入ってくるので、すくすく育つのだそうです。

 

忙しい時こそ、緩める感覚がとっても大切。

そんなときにクレヨンを活用してもらえたら嬉しく、面白いクレヨンの使い方をご紹介。

 

 

『わあ〜、こんな感じになるんだ!』

思いがけなさが楽しい「スクラッチ」

 

色の感じや描き心地、色の重なりを楽しんだり・・変化する色彩が楽しいみつろうクレヨン。
感じて考えてまた描いて、ちょっと違うなーと思ったら少し変え・・が出来るのもこのクレヨンの魅力。

楽しみ方はたくさんあるけれど、出来上がるまで描いてる人もドキドキワクワクなのがスクラッチ描法。

 

薄めの色から濃い色へ、思いおもいに塗ったり塗り重ねてゆき、最後に黒で塗り潰します。
割り箸のうらの平らになったところや竹串などの尖ったもので、その面を好きに削り描いていくと、中から現れる色彩がとても楽しい。

 

以前にブログでもご紹介していますが、これはスタッフが作ったサンプル動画です。削り描くのは具体的な絵ではなく、丸や線でも楽しいです。
ぜひこんな感じの木でもお好きなものでも自由に描いてみてくださいね。



links

ビーナちゃんのみつろうクレヨン

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode