一粒で二度

 




秋の味覚。巨峰と栗。

どちらも美味しく、皮から素敵な色味を分けてくれることを知ったこの秋。

栗については、お料理教室をしているお友達のお母様に栗の渋皮煮を習っていた時。
鬼皮をむき渋皮つきの栗を重曹で煮ていると、次第にこっくりした茶色の液がお鍋の中に。おお、いい色!これはどんな色に染まるんだろう!?と好奇心がムクムク。

茹で上がりを見計らって、この液を持って帰りたいのだけれどと友人にお願い。 え?これで染めるの?と驚きつつも、覚ましてペットボトルに分けてくれた。

出来上がった栗の渋皮煮、今回使ったのと同じ生栗(復習用)と共に家に持ち帰ると、早速ホクホク植物染め。 復習用の渋皮煮を作る過程で出た鬼皮も色が出るのかなあと、これまた興味があったのでそちらも重曹で煮出して別のお鍋で染め液を作る。

子供達のTシャツ、エコバッグに輪ゴムで模様付けのゴム留めをして、、 渋皮の液の方はとっても濃いので5分ほど、鬼皮の液はちょっと薄めなので30分ほど置いて解く。ミョウバン液の中につけ、ゴムをほどいて水洗いしてみると。。



どちらもなんとも素敵な色が出た。
ただ、私の技術と経験不足か渋皮の方はマダラちゃん。もう少し満遍なく染まるように工夫が必要みたい。

まだまだ続くわたしの自由研究。今度は何を染めようかなー。

ちなみに、教えていただいた先生とお友達のクラスがとても良かったので、手の込んだお料理が苦手な私も渋皮煮はとても楽しく作れた。お湯につけて、皮をむいて、重曹で煮て、渋皮を綺麗にして、重曹を抜きの茹でをして、シロップに浸けると工程は6つとやや多いけれど、皮も思いの外簡単に向けるし、鬼皮・渋皮を扱う時間は無心でできるのでまるで瞑想みたい。

毎年の楽しみになりそうだ。


寒露:かんろ(二十四節気 第17番)

かんろ(寒露)

『寒露:かんろ(二十四節気:17番/太陽黄経195°)』

 

10月8日から。寒露 、晩夏から初秋にかけて、野草に宿る冷たい露のこと 。秋の長雨が終わり、本格的な秋の始まり。晴れた日が多くなる一方、夏とは明らかに違う冷たい空気が肌寒く感じることも増えてくる時期です。この頃に衣替えする方も多いとか。 
例年9月中旬〜10月上旬には名月十五夜が。およそ一ヶ月後に十三夜があります。十五夜は中国から伝来したものですが、十三夜は日本独自 風習 、十五夜にはお団子を十三夜には栗や豆類をお供えするそうです。

◯七十二候
・初候:鴻雁来(こうがんきたる:雁が北国から戻ってくるころ)
・次候:菊花開(きくのはなひらく:菊の花がさくころ)
・末候:蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり:虫たちが戸口で鳴くころ)

◯旬の味覚
穀物、きのこ、銀杏、さつまいも、アケビ、梨、シシャモ

◯季節のたのしみ
旬のシンプルおやつには、さつまいもの茶巾しぼりがおすすめ。さつまいもを蒸かしつぶし、レーズンと豆乳を混ぜ、最後に布巾やラップで茶巾包みするだけの簡単おやつ 。
お好みの栗やかぼちゃを加えたり、シナモンをまぜたり、ココナッツオイルやバターを入れてもおいしいです。親子でワイワイ作ってみてくださいね。


大滝眞己子さんのお月見レシピ

風がからりと乾いて、頬をなでる風も心地よくなってくる頃、空は一層高く美しく様々な表情を見せるようになります。旧暦8月は一年の中でも最も空気が澄んで空が明るく美しいため、この8月の15日を十五夜と読び、平安時代以降、月見の宴が催されるようになったのだそうです。

 

今日は十五夜、そして中秋の名月。

長年、大滝正明さんと共に歩まれ、互いにインスピレーションを与え磨き合いながら、食と植物を中心に様々な暮らしの提案をされ、この春に天に旅立たれた故大滝眞己子さんの作品から、お月見のレシピをご紹介させていただきます。

こちらのレシピは、新聞で春夏秋冬+お正月の年間5回、2に年に渡って掲載されたもの。

 

今夜は一息スローナイト。

ススキとお団子を飾り、お月様をゆったり眺めませんか?

 

[お団子の作りかた]

材料:上新粉

 

(瓦貌盈未茲蠑なめのぬるま湯を注ぎ、耳たぶより固めにまとめてよくこねる。

15分くらい強火で虫、暑いうちにすりこぎでよくつく。よくつかないとおいしいお団子にならない。

3蠅蕕になったら、直径2センチくらいに丸め、形を整える。平丸、丸のまま、人差し指と中指で形をかえても変化が出る。

い泙森イ澆廼盪鎧味噌やきなこ、小倉あんをつけるか、醤油をつけながら炭火で焼くのもいい。


葡萄染め



ぶどうを食べるたび、気になっていた。この皮で布を染めたらどんな色になるんだろうって。大好きな方から送っていただく葡萄があまりに美味しく、その記憶を留めておきたかったこともあって、長年の思いをカタチにしてみることに。

煮出していると甘くていい香りが漂う。思い立ち染めなので、今回は一房と量も少なく、小さな取っ手付きのボウルで。10分ほど煮出すと想像以上に濃い色の液が出来た。


 

さっそく晒しと、色の落ちた巾着を探して来て、ごくごくシンプルな絞りをして、ボウルの中へ。
真っ白な生地にパッと鮮やかな紫色が広がっていく。5分ほど煮てミョウバン液にしばらく浸け、水洗いをすると綺麗な青の染めになった。

夕暮れの空のような優しい青。想像以上に素敵な色が出て、夜中に一人でうっとり。もう少しいろいろな絞りを習得してしていろいろ染めてみたいなあ。


秋分:しゅうぶん(二十四節気 第16番)

秋分(しゅうぶん)

『秋分:しゅうぶん(二十四節気:十六番/太陽黄経百八十°)』

 

九月二十三日頃から。春分を起点に太陽をちょうど半周まわった折り返し地点。春分同様、太陽は真東からのぼって真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ等しくなります。秋分点付近では朝日夕日がとても美しく力強さを感じます。秋分はお彼岸のお中日。「暑さ寒さも彼岸過ぎまで」という表現があるように、例年この頃からぐっと秋らしさが増していきます。またお彼岸と言えば「おはぎ」。萩の花を由来としているそうです。

 

◯七十二候

・初候:雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ:夏に鳴り響いていた雷が収まってくるころ)

・次候:蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ:虫たちが冬ごもりの支度を始めるころ)

・末候:水始涸(みずはじめてかる:田んぼの水を抜いて、稲刈りの準備をはじめるころ)

 

◯旬の味覚

まつたけ、葉とうがらし、里芋、ザクロ、さんま、さばなど

 

◯季節の楽しみ

おいしいものがたくさんの実りの季節。日本は世界中でも生物の多様性が特に多い国なのだとか。四季折々豊かな自然に恵まれた国で、私たちは生き生かされているのですね。七輪に炭を起こし、旬の里芋、おむすびなどをゆっくりじっくり焼き味わうのもおすすめです。



links

ビーナちゃんのみつろうクレヨン

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode