一粒で二度

 




秋の味覚。巨峰と栗。

どちらも美味しく、皮から素敵な色味を分けてくれることを知ったこの秋。

栗については、お料理教室をしているお友達のお母様に栗の渋皮煮を習っていた時。
鬼皮をむき渋皮つきの栗を重曹で煮ていると、次第にこっくりした茶色の液がお鍋の中に。おお、いい色!これはどんな色に染まるんだろう!?と好奇心がムクムク。

茹で上がりを見計らって、この液を持って帰りたいのだけれどと友人にお願い。 え?これで染めるの?と驚きつつも、覚ましてペットボトルに分けてくれた。

出来上がった栗の渋皮煮、今回使ったのと同じ生栗(復習用)と共に家に持ち帰ると、早速ホクホク植物染め。 復習用の渋皮煮を作る過程で出た鬼皮も色が出るのかなあと、これまた興味があったのでそちらも重曹で煮出して別のお鍋で染め液を作る。

子供達のTシャツ、エコバッグに輪ゴムで模様付けのゴム留めをして、、 渋皮の液の方はとっても濃いので5分ほど、鬼皮の液はちょっと薄めなので30分ほど置いて解く。ミョウバン液の中につけ、ゴムをほどいて水洗いしてみると。。



どちらもなんとも素敵な色が出た。
ただ、私の技術と経験不足か渋皮の方はマダラちゃん。もう少し満遍なく染まるように工夫が必要みたい。

まだまだ続くわたしの自由研究。今度は何を染めようかなー。

ちなみに、教えていただいた先生とお友達のクラスがとても良かったので、手の込んだお料理が苦手な私も渋皮煮はとても楽しく作れた。お湯につけて、皮をむいて、重曹で煮て、渋皮を綺麗にして、重曹を抜きの茹でをして、シロップに浸けると工程は6つとやや多いけれど、皮も思いの外簡単に向けるし、鬼皮・渋皮を扱う時間は無心でできるのでまるで瞑想みたい。

毎年の楽しみになりそうだ。


葡萄染め



ぶどうを食べるたび、気になっていた。この皮で布を染めたらどんな色になるんだろうって。大好きな方から送っていただく葡萄があまりに美味しく、その記憶を留めておきたかったこともあって、長年の思いをカタチにしてみることに。

煮出していると甘くていい香りが漂う。思い立ち染めなので、今回は一房と量も少なく、小さな取っ手付きのボウルで。10分ほど煮出すと想像以上に濃い色の液が出来た。


 

さっそく晒しと、色の落ちた巾着を探して来て、ごくごくシンプルな絞りをして、ボウルの中へ。
真っ白な生地にパッと鮮やかな紫色が広がっていく。5分ほど煮てミョウバン液にしばらく浸け、水洗いをすると綺麗な青の染めになった。

夕暮れの空のような優しい青。想像以上に素敵な色が出て、夜中に一人でうっとり。もう少しいろいろな絞りを習得してしていろいろ染めてみたいなあ。


ホーリーバジルの種


一年の中でも大好きな時間の一つ、それはホーリーバジルの種とりの時期。

薄紫色の花が落ちたあと、その中に出来る小さな黒い種。穂をもんで種を出す。指でつまんだ瞬間に辺りにはふわーっといい香りが漂います。


部屋に入って来た子どもたちもいい香り〜とうっとり顔。


家の一角に作ったホーリーバジルの畑。あまりにタワワに咲いているので幾らかポプリやオイルにしてみようと畑に行ってみると、見たことのない青い虫が頻りに花の蜜を吸っている。


一見するとミツバチ。でも綺麗な青い色をしている。写真を撮ろうと家にカメラを取りに入っている間に飛んで行ってしまったけれど、調べてみると青いミツバチがいるらしく、なかなか出会えないとか。


近隣の方に訊いても青い蜂は見たことがないという。今となっては目の錯覚のようだけれど、確かに青いミツバチに出会ったこの夏、この畑。あの美しいハチの姿を思い浮かべながら種とりをしています。



ちなみに今年もたくさん取れそうなので、タネが欲しい方よかったらご相談ください。


「ひとさじのはちみつ」(前田京子著:マガジンハウス)

 

「ママ、おなかがいたい。。」

そんな時にはマヌカはちみつをひとすくい。痛さの加減に寄っては梅エキスをほんの少し混ぜてみたり。

こどもたちが1歳を過ぎてから我が家では、風邪の予防にもお手当にもよくマヌカはちみつに助けてもらっています。

 

おいしいし、安心だし、子どもたちも大喜びの自然のお薬。純粋はちみつのもつ効能の高さは実感したり、いろいろな効能があるとは耳にしていたものの、ふと先日この本を目にして読んでみたところ、びっくり。

健康の維持回復から美容に至るまでその効能のなんと幅広いこと。

 

まだ届いたばかりでざっと読んだだけですが、はちみつをとるに最適な時間帯やシナモンやビタミンCなど効能を高める飲み(とり?)合わせについて書かれていたり、スキンケアや目薬としての使いかたまで丁寧に書かれています。

 

早速色々試してみたい〜と、思っていたところに、こどもたちが二人とも傷をつくって帰宅。

小さなスプーンで小さくひとさじ。その半分を薬指にのせて傷口に、もう半分はこどものお口に。

転んじゃった〜と泣きべそだった息子はおいしい甘さににっこり。

はちみつは甘くておいしいけれど、ちょっと傷がぴりぴりするね。。と娘は少し渋い顔。

さてさてその効果のほどは!?

 


最近の大失敗:甘く見てたよ夏の日差し

日々しあわせなこともたくさんあるけれど、ミスしてへこむことも日常茶飯事。最近起こした大失敗。反省と注意の呼びかけかねて。。

女性ならほとんどのひとが欠かさないだろうUVケア。
週の大半をこどもたちと外で過ごしている私は、美白とはまるで無縁。夏が始まる前からだいぶ日焼けをしている。が、もう日焼けも仕方ないかと開き直ったのがまずかった。
梅雨の中休みとはいえ、夏至を超えたばかりの日差しが強い夏日。河原で子供たちと夢中になって魚を捕まえていた私は、すっかり日焼け対策をしていないことも忘れまるまる一日お日さまの元に素肌をさらし続けてしまった。
というか、だいぶ甘く見ていた。夏の日差し。

遊び終わって帰りの道、ん?なんか体が熱いぞ、くらいにしか思っていなかったのだけれど、シャワーを浴びて鏡を見てびっくり!肩も首も背中も真っ赤っか。腫れ上がらんばかりの素肌。まるで海水浴でも言ったかのよう。
やってしまったと思ったけれど後の祭り。それから数日間はとにかくひりひり。洋服が触れるだけでも飛び上がらんばかり。寝てても背中や肩がつけない。とにかくもっていたアルガンオイルとラベンダー(augsfolia)をぬってぬって、、、数日経ってやっと痛みがひいてきたと思いきや、今度はなんかむずむず。そう、見事一面水ぶくれに。
 
ああああ、本当にやってしまった。ここまでの日焼けは10数年ぶり。
日光アレルギーがあって、すぐにかゆくなってしまっていた頃はいつも長袖を着ていたけれど、子供たちとよく外で過ごすようになってだいぶ収まったのでうかつにも夏日にUVケアもせずノースリーブで出た私に待っていたのはひどい日焼けだった。
皮膚科にいこうかと悩んだものの結局ラベンダー入りのオイルを塗りとホメオパシーant-tリピートし、体のトラブルや不調に効くライトランゲージ(神聖幾何学言語)をあれこれ試しながら、現在お手当中。どこまできれいに治ってくれるか。。
 
こんなうかつなことをする女性は多分少ないと思うけれど、是非皆さん、夏のお日さまのもと遊びに熱中するときはご注意を。というか、同じ失敗を繰り返さないようにしなくっちゃ!


links

ビーナちゃんのみつろうクレヨン

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode