親子で作ろう「ちらし寿司」

今日から3月。もうすぐおひな祭りですね。

 

人参、椎茸、蓮根を、1つずつ煮しめて作るちらし寿司。

お祝い事があるたびに祖母が数日かかりで作ってくれたのを思い出します。

今年は雨水の動画制作に合わせ、ひな祭りを少し先取り。

思い出のちらし寿司で少しシンプルにして、ビーナちゃんと作りました。

 

 

茹でると色鮮やかになる絹さやに感動したり、思いのほかに厚くなった薄焼き卵にイメージと全然違うねと笑い合ったり、炊き上がったばかりのお米を2人で仰いで混ぜて酢飯にしたり…

 

子どもと一緒に作るのは1人でつくるより時間もかかるし、包丁を使うときは特に忍耐も。

子どもの「やってみたい」にいつも応えられる訳ではないのですが、

時には時間の余裕を持って季節の行事を一緒に用意していくのは、やっぱり楽しいなあと思います。

 

ちらし寿司はそれぞれの地方やご家庭で受け継がれている色々な作り方がありますが、今回は子ども作りやすいシンプルパージョンを、私のこだわりアイテムと合わせてご紹介します。

ちなみに我が家ではお料理にお砂糖はほとんど使わず、甘みは野菜の甘みが中心。なので甘味あっさりのちらし寿司です。

 

◼️材料

人参一本、干し椎茸5個くらい、蓮根2つ

絹さや12ー15枚、菜の花1束、卵4つ、焼き海苔

塩、醤油、お酒、甜菜糖、お酢

 

◼️作り方

 

1. 干し椎茸を軽く洗って一晩水につけてもどす。

 

2. 椎茸、人参の千切りを、それぞれ別のお鍋で、水1カップ、塩小さじ0.5、しょうゆ大さじ1、お酒大さじ1で別々に煮て汁気を飛ばす。

 

3. レンコンを洗い皮をさっとむいたら酢水につけ、シャキッと感を残してゆで、甘酢につける。

 

4. 絹さやは筋を取り、菜の花は洗って塩茹でし、冷水にあげたら水気を切る。菜の花は切る。

 

5. 卵を溶いて、フライパンに油を敷いて薄焼きにし、細く切って金糸卵にする。

6. 寿司酢をつくる(甘味控えめだとさっぱりします)

ご飯を固めに炊いて飯台にあけたら、寿司酢をかけて、うちわで扇ぎながら切り混ぜる。

 

8. 椎茸と人参を入れてさらに切り混ぜる。

 

9. お皿にご飯をよそって、レンコン、絹さや、菜の花、金糸卵をのせる。

お好みで刻み海苔や紅生姜をのせても美味しいです。

よかったら親子やお友達と作ってみてくださいね。

 

 

今日は「お酢なら何を選ぶ?」「フライパンのオススメはある?」とよく聞かれることもあり、

レシピと合わせて我が家で愛用している調味料と調理道具をご紹介。

カムワッカでのお取り扱いはありませんが、お味や空気感はオンラインストアの基準に準ずる品々です。

 

我が家の調理法は、切る、焼く、煮る、蒸す、程度で、しかもシンプルな味付け。

調味料で美味しさが格段に変わるので、シンプルに美味しくなるので美味しいものを大切使っています。

 

お酢はこれ。「老梅酢」

香りも酸味も優しいので和洋中、色々なお料理によく合います。

お酒は「みやこの料理酒」

これも味のバランスが良くて、空気感が軽やかなので好きです。

お醤油は、複数あります。

・オオシマオーシャンソルトさんが「ワノサト 」という別事業で作ってらっしゃるお醤油

中定商店さんの宝山丸大豆たまり

・最近出会った三つ星醤油も美味しい

  

・豆乳+このお醤油で卵かけご飯みたいな味になる、地蔵原たまり醤油

 

油は

基本、火を通すならビーナッツオイルか米油

オーフスカールスハムンさんのオイルなら大体どれも美味しいです。

 

火を通す&サラダにはアボガドオイル

火を通さずに最後にかけるのはオリーブオイルやごま油など。これらは改めて紹介します。

 

 

 

フライパンは何と言ってもバイオタン。

鉄のフライパンも使うけれど、お料理によってはなかなか難しい・・・

くっつかなくて、身体に優しいのはないかなと探して探してやっと見つけたのがこれ

26・32・キャセロールタイプの3つを持っていますが、26は特によく使います。

重いのだけが難点ですが、厚みがあってじっくり火が通るので美味しくできる!

フライパンのオススメは何?と聞いてくれたお友達。早速このバイオタンを購入し、冷凍のフライを焼きあげたところ家族から味が違う!なんか美味しいと声が上がったことを教えてくれました。

お値段は確かにはるけれど、少し貯めてでも手に入れて幸せ。本当に大活躍です。

 

 


大好きなヘンプウェアLunaticanapaのこと

画像に含まれている可能性があるもの:5人、、スマイル、座ってる(複数の人)、屋外

(画像はルナティカナパさんより)

 

ブランド立ち上げの頃から大好きで愛用しているヘンプウェア「Lunaticanapa」。

スタッフみんなのお気に入り。

 

特にMagicWrap「巻きスカート」は色も美しくて、ストレッチが効いて、使い込むほどに体に馴染んで行く素晴らしい衣。巻いてよし、羽織ってよし、赤ちゃんをくるんだり、芝生の上にマットのようにして敷き寝転んだり、宿泊先の寝床に敷いて寝たり・・本当に万能でもう何年も大活躍します。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる、靴

(画像はルナティカナパさんより)

 

先日、デザイナーであり友人の田丸恵子さんが遊びに来てくれ、子供達とミニワークショップをしました。みんなでテーブルを囲み、ターバン、マルチ布、マスクなど、みんなでチクチク縫いながら、改めてLunaticanapaのヘンプ生地の魅力を肌で感じるひと時。

 

 

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる、子供自動代替テキストはありません。

 

恵子さんはイタリアでファッションデザインを学ぶ中で、常に最新を目指しデザインされているにもかかわらず売れ残りは経済性のために廃棄処分されていく、そのことに疑問を抱いていたそうです。
そんな時、日本への一時帰国で出会ったヘンプに惹かれ、日本の文化の素晴らしさに開眼されたという恵子さん。以来様々なご縁がつながり、今日に至ると話してくれました。

 

 

間も無くCAMWACCAのオンラインセレクトストア(http://camwacca.shop-pro.jpでもランナップを予定。今日はゆったりチクチクを楽しむワークショップでお話しする内容のレクチャーを受けたり、オリジナルで企画している製品の打ち合わせをオンラインでしました。

体験を通じて体感的にとてもいいなと感じていたヘンプ。聞けば聞くほどまた素晴らしいっっ!
間も無くご紹介できると思うと今からとっても楽しみです。

 

#ルナティカナパ


大滝眞己子さんのお月見レシピ

風がからりと乾いて、頬をなでる風も心地よくなってくる頃、空は一層高く美しく様々な表情を見せるようになります。旧暦8月は一年の中でも最も空気が澄んで空が明るく美しいため、この8月の15日を十五夜と読び、平安時代以降、月見の宴が催されるようになったのだそうです。

 

今日は十五夜、そして中秋の名月。

長年、大滝正明さんと共に歩まれ、互いにインスピレーションを与え磨き合いながら、食と植物を中心に様々な暮らしの提案をされ、この春に天に旅立たれた故大滝眞己子さんの作品から、お月見のレシピをご紹介させていただきます。

こちらのレシピは、新聞で春夏秋冬+お正月の年間5回、2に年に渡って掲載されたもの。

 

今夜は一息スローナイト。

ススキとお団子を飾り、お月様をゆったり眺めませんか?

 

[お団子の作りかた]

材料:上新粉

 

(瓦貌盈未茲蠑なめのぬるま湯を注ぎ、耳たぶより固めにまとめてよくこねる。

15分くらい強火で虫、暑いうちにすりこぎでよくつく。よくつかないとおいしいお団子にならない。

3蠅蕕になったら、直径2センチくらいに丸め、形を整える。平丸、丸のまま、人差し指と中指で形をかえても変化が出る。

い泙森イ澆廼盪鎧味噌やきなこ、小倉あんをつけるか、醤油をつけながら炭火で焼くのもいい。


1

links

ビーナちゃんのみつろうクレヨン

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode