アーティストのGoroさん×ビーナちゃんのみつろうクレヨン

昨日、盛況のうちに幕を閉じた「逗子アートフェスティバル2018」

 

CAMWACCAスタッフの一人が逗子在住ということもあり、イベントに関わること半年近く。

去年まで行政のサポートを受けて開催されていたものの、今年は予算がつかない!じゃあ、市民の手でつくろうじゃないかという動きの中でご縁あってスタッフが関わるようになり、イベントの想い・彼の想いにカムワッカとしてもメンバーとしても微力ながら応援してきました。

 

その中で、とってもありがたいことに、メインビジュアルのイラストに逗子在住(現在オランダ在住)アーティストのGoroさんがビーナちゃんのミツロウクレヨンをつかって描いてくださることに。

クラウドファンディングもご一緒させていただいたり、私たちも今までとはまた一味違うたくさんの可能性と面白さに出会わせていただきました。

 

布に描く、重ね塗りをする、スクラッチで削り描写をする・・

技法としては今まで私たちがお伝えしてきたものと同じはずなのに、やっぱりアーティストが描きこむ中で見せてくれる色合いや表情は全く異なるもの。

 

この間もブログでご紹介したパンフレット等に使われていたこの絵

 

何色かを様々に重ね塗り、それをスクラッチ(先の尖ったものなどで擦り削っていく)で下の色を出していきます。

最初にスタッフを通じてこの絵を見せてもらった時、その表現力、美しさや緻密さ、描写としての面白さに圧倒。ビーナちゃんクレヨンでここまで描けるとは正直ビックリ。

 

ビーナちゃんクレヨンは小さな子供が間違って口に入れても安全な素材のみで作られているので、小さなお子さん・お母さんや保護者の方にも安心してつかっていただけるクレヨンなのですが、実は大人の方にも楽しんでいただける「画材」なんです。

なんとなく気持ちがモヤモヤしている時、画用紙にただ重ね塗りをして行く。なんか違うなーと思ったら消しゴムで色を落として行く。。またその上から描き、今度は削ってみたり・・

 

どこから始めても、終わってもいいし、なんとなく描きながら変えていったり、上手も下手も答えもない色と形の世界を遊んでいるうちに、なんとなく気持ちがすっきりしているなんてことも。

絵は得意じゃないから・・絵心がないから・・そんな想いを持っている方にも絵を描くではなく、ただ色を遊んだり色で「描く」ことを楽しんでいただけたら嬉しいです。

 

ビーナちゃんのみつろうクレヨン

またお好きな色はたくさんつかってまた買い足していただけるように、単色もご用意しています。

 

 


みつろうクレヨンの色の重なり

色の重なりが特徴的なみつろうクレヨン。
石油系のクレヨンがねっとりと色が混ざるのに対して
さっらっとしたみつろうクレヨンは、色が透けるように重なり合います。

たとえば緑でためしてみると・・・

1番上が、みどり。
2番目が、みどりに「はいいろ」を重ねた色。
3番目が、みどりに「こげちゃ」を重ねた色。
4番目画、みどりに「おうどいろ」を重ねた色。
微妙な色合いを作ることが出来ますね。
(写真のため、本物と若干色味が違います。ご容赦下さい)

「みどり」と「はいいろ」を重ねた色で描いたクマ。


皆様も、是非色々な色を重ねて、好きな色を見つけてみてくださいね。



※これら絵は「ビーナちゃんのみつろうクレヨン」で描きました。
ビーナちゃんのみつろうクレヨン
 

折れたクレヨンで描く

思わず力をいれちゃった、テーブルからおちた、、、など、使っているうちでどうしても折れてしまうことのあるクレヨン。
みなさま折れたクレヨンを、どうされていますか?



「描きにくくなったので使わない」っというのはモッタイナイ! 折れたクレヨンならではの線の描き方があるのです。
普段は縦に使うクレヨンを、横に寝かせて描いてみてください。



太い線や、滑らかに面を塗るのにとても使いやすいのです。

何も考えずに、面で塗りながら、色を重ねていくのも楽しいですよ。



是非、お試し下さい。


※これら絵は「ビーナちゃんのみつろうクレヨン」で描きました。
ビーナちゃんのみつろうクレヨン


みんなの せかい ひとつだけの エコバック(蜜蝋クレヨンでオリジナルエコバック作り)

「ビーナちゃんのみつろうクレヨン」で描く、ecoバック(エコバック)作りのワークショップを行いました。

ぼくの わたしの せかいで  ひとつだけの バックができあがりました!

エコバック

カムワッカは、2015/6/28に下北沢で開催された「風と光と虹のパレード」で
ビーナちゃんのみつろうクレヨン」で描く ecoバック ワークショップを行いました。

多くの子どもたちに参加いただき、思いのこもった素敵なマイバックがたくさん完成!!
参加してくれた子どもたち、本当にありがとう!

蜜蝋クレヨンならではの特徴を活かしてでつくる、ecoバック作りの詳しくは
↓こちら↓をご覧ください。
みつろうクレヨンの楽しみ方【布に描く】



※ecoバックの絵は「ビーナちゃんのみつろうクレヨン」で描きました。
ビーナちゃんのみつろうクレヨン

 

みつろうクレヨンの楽しみ方【布に描く】

■クレヨンで布に描き、定着させる方法

クレヨンで布に好きな絵を描き、紙をあててアイロンをかけると
熱でクレヨンが溶け、布の繊維に染み込み定着します。
お子様の絵のオリジナルエコバックなどを手軽に作って頂くことができます。





★ご注意★
布に描いたものは熱には弱く「乾燥機で乾かすことができない」のでご注意下さい。
アイロンをかけるときにはヤケドには十分ご注意下さい。お子様がやられる場合は、必ず保護者と一緒にやってください。



■描き方
(用意するもの)
描く布製品、みつろうクレヨン、アイロン、紙。



例として、エコバックに絵を描いてみます・・・

(1)布に好きな絵をみつろうクレヨンで描く



(2)布に描いた絵の上に紙を敷き、高温設定にしたアイロンをかける。


(3)できあがり!



とても簡単かつ、とても楽しい描きかたです。
是非、お試し下さい。


★→追記
2015/6/28 「ビーナちゃんのみつろうクレヨン」で描く、ecoバック(エコバック)作りのワークショップを行いました。

→詳しくは「こちら」を御覧ください。


※これら絵は「ビーナちゃんのみつろうクレヨン」で描きました。
ビーナちゃんのみつろうクレヨン
 


links

ビーナちゃんのみつろうクレヨン

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode