白露:はくろ(二十四節気 第15番)

白露(はくろ)

 

『白露:はくろ(二十四節気:十五番/太陽黄経百六十五°)』

 

 

9月7日から。白露とは草の葉に白い露が結ぶという意味。まだ蒸し暑さが残る頃、夜の間に大気が冷え込んで草花に朝露が宿ることから名付けられたとか。野にはススキの穂がゆらめき、空の高さや雲の変化を感じるなど、本格的な秋の訪れを感じられる時期です。実りの季節のはじまり。 今では一年中おおよその野菜が栽培可能になりつつありますが、季節の食べ物は味だけでなく、季節に即した働きをするいのちのめぐみ。食で秋を楽しむのもいいですね。

 

◯七十二候
・初候:草露白(そうろ しろし:草花の上に降りた露が白く光って見えるころ)
・次候:鶺鴒鳴(せきれい なく: セキレイがなきはじめるころ)
・末候:玄鳥去(げんちょう さる:春に日本に渡ってきたツバメが、暖かい地域へと戻っていくころ)

 

◯旬の食べ物
かぼちゃ、くり、落花生、巨峰、こんぶ、太刀魚など

 

◯季節の楽しみ
ほんのり涼しい風に吹かれながら、夜空に輝く月の美しさにうっとり。見上げて望むもいいけれど、大地に寝転んでみるとまるで広い夜空に包まれているよう。少し厚手のピクニックシートとブランケット、温かい飲み物などを持って夜の野原へ出かけてみませんか?


コメント
コメントする








   

links

ビーナちゃんのみつろうクレヨン

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode