寒露:かんろ(二十四節気 第17番)

かんろ(寒露)

『寒露:かんろ(二十四節気:17番/太陽黄経195°)』

 

10月8日から。寒露 、晩夏から初秋にかけて、野草に宿る冷たい露のこと 。秋の長雨が終わり、本格的な秋の始まり。晴れた日が多くなる一方、夏とは明らかに違う冷たい空気が肌寒く感じることも増えてくる時期です。この頃に衣替えする方も多いとか。 
例年9月中旬〜10月上旬には名月十五夜が。およそ一ヶ月後に十三夜があります。十五夜は中国から伝来したものですが、十三夜は日本独自 風習 、十五夜にはお団子を十三夜には栗や豆類をお供えするそうです。

◯七十二候
・初候:鴻雁来(こうがんきたる:雁が北国から戻ってくるころ)
・次候:菊花開(きくのはなひらく:菊の花がさくころ)
・末候:蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり:虫たちが戸口で鳴くころ)

◯旬の味覚
穀物、きのこ、銀杏、さつまいも、アケビ、梨、シシャモ

◯季節のたのしみ
旬のシンプルおやつには、さつまいもの茶巾しぼりがおすすめ。さつまいもを蒸かしつぶし、レーズンと豆乳を混ぜ、最後に布巾やラップで茶巾包みするだけの簡単おやつ 。
お好みの栗やかぼちゃを加えたり、シナモンをまぜたり、ココナッツオイルやバターを入れてもおいしいです。親子でワイワイ作ってみてくださいね。


コメント
コメントする








   

links

ビーナちゃんのみつろうクレヨン

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode