立冬:りっとう(二十四節気 第19番)

立冬(りっとう)

【ビーナちゃんの二十四節気(第19番:立冬】

 

冬の気が立つ立冬。暦の上では今日から冬。

中医学では、エネルギーは春に上昇、夏に拡散。秋に下降し冬は漂うと考えられているそう。

 

木々は春の芽吹きに向けて葉を落とし、寒さの中でも内側でじっくり力を蓄える季節。木の葉の色づく季節のお外時間も楽しみつつ、冬の深まりとともに夜長の手仕事を楽しんだり、じっくり火を通したお料理を味わったり、ゆっくりお風呂に使ったり・・穏やかに体を整え元気に過ごしていきたいですね。

 

ーーーーー

 

『立冬:りっとう(二十四節気:19番/太陽黄径225°)』

11月7日から。立冬とは、立春・立夏・立秋と並ぶ季節の大きな節目で冬の始まりのこと。「立」には新しい季節になるという意味があります。体感的にはまだ秋で、山間部から木の葉も色づいていきます。立冬を迎えるころには、朝夕は冷え込み日中の日差しも弱まって、木枯らし一号や初雪の便りも届き始めます。

 

◯七十二候

・初候:山茶始開(つばきはじめてひらく:サザンカが咲き始めるころ)

・次候:地始凍(ちはじめてこおる:朝霜が降り、大地が凍り始めるころ)

・末候:金盞香(きんせんかさく:水仙がいい香りを漂わせながら咲くころ)

 

◯旬の食べ物

蓮根、芋類、りんご、生ガキ、マグロなど

 

◯季節のたのしみ

温かい食べ物が幸せに感じる季節。コトコトじっくり火を通すお料理は体も心も芯から温めてくれるよう。陰性のものから陽性のものへと順に重ねてゆっくり火を通す「重ね煮」という調理法があります。作りおきができて、お味噌汁や煮物、カレーなどいろいろなお料理に応用が利きます。


コメント
コメントする








   

links

ビーナちゃんのみつろうクレヨン

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode