大寒:だいかん(二十四節気 第24番)

大寒(だいかん)

【ビーナちゃんの二十四節気(第24番:大寒)】


冬6つの節気でも、一年24の節気でも最後の節気。
寒の時期を超えると、いよいよ立春。まだまだ寒さは続くものの冬至を境に立ち始めた陽の気が天地様々に現れ始めてきます。
春の訪れを待ちながら、寒さを活かした食の知恵、寒仕込みもこの時期ならではのお楽しみ。手作りの凍み豆腐はおいしいという話を聴いたので、来週予想されている冷え込みを活かして初挑戦をと思っています。

 

ーーーーー

『大寒:だいかん(二十四節気:24番/太陽黄経300°)』

 

1月20日から。
寒さが一層厳しくなり一年で最も寒くなる時期です。小寒から立春までが寒の内。大寒の頃、朝に汲む水は一年中腐りにくいと、容器に汲んで保管していたそう。寒の水や寒気を利用した食べ物(凍み豆腐、寒天、酒、醤油、味噌)の仕込みにぴったりの季節。

・初候:款冬華(ふきのはなさく:雪の下から地面からフキノトウが顔を出すころ)
・次候:水沢腹堅(さわみずこおりつめる:沢の水が凍って、厚い氷がはるころ)
・末候:雞始乳(にわとりはじめてにゅうす:鶏が卵を産み始めるころ)

 

◯旬のたべもの
小松菜、ブロッコリー、キンカン、ズワイガニ、赤貝、イイダコなど

 

◯季節のお楽しみ
味噌仕込みは手間も場所も必要だけれど、一つ一つはとてもシンプルなので子供と一緒に作るのもおすすめ。「仕込みの時にはこんな味がするんだね!」と会話も自然に弾みます。


コメント
コメントする








   

links

ビーナちゃんのみつろうクレヨン

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode