立春:りっしゅん(二十四節気 第1番)

立春(りっしゅん)

【ビーナちゃんの二十四節気(第1番:立春)】


節分けて、今日は立春。春の始まり。
大気があたたまるのは少し先だけれど、東京では梅の花もちらほら咲いて、木花の蕾も膨らんできました。光も草木も春めく様子に心躍る季節ですね。

 

ーーーーー

 

『立春:りっしゅん(二十四節気:一番/太陽黄経三一五°)』

 

二月四日頃から。冬至と春分のちょうど中間点。日照を基準とした旧暦では立春が一年の起点とされ、この日から春が始まります。八十八夜や二百十日も立春から数えた日を指しています。
依然寒さのピークですが、梅の花が咲き始め、春の訪れをほんのりと感じられるようになります。立春以降はじめて吹く南寄りの強い風を「春一番」と呼びます。

 

◯七十二候
・初候:東風解凍(はるかぜこおりをとく:春のあたたかな風で、冬に張った氷が溶け始めるころ)
・次候:黄鴬睍察覆Δ阿い垢覆:野山でうぐいすが鳴き始めるころ)
・末候:魚上氷(うおこおりにあがる:川や湖では水がゆるみ、表面を覆っていた氷も割れて魚が飛び跳ねるころ)

 

◯旬のたべもの
ふきのとう、春菊、ほうれん草、いよかん、ワカサギなど

 

◯季節のお楽しみ
寒いながら、昼の時間もだいぶ伸び、光も春めいていく季節。木々のつぼみに旬菜に、植物たちは春を先取り。澄んだ空気を胸いっぱい吸い込みながら、春を感じに出かけてみませんか?


コメント
コメントする








   

links

ビーナちゃんのみつろうクレヨン

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode