雨水:うすい(二十四節気:二番)

 

【ビーナちゃんの二十四節気(第2番:雨水)】


二月十九日頃から。空から降る雪から雨へと変わり、三寒四温で冬から春へと移りゆく時期。降り積もった雪や氷が溶け始めるので、昔から農耕の準備を始める目安とされています。地方にもよりますが、この日にお雛様を飾ると良縁に恵まれるといわれているようです。
まだまだ寒さが残るものの、雪の下では草木が芽を出し、山では雪解け水がちょろちょろ流れている。そんなことを想像すると心だけでも暖かくなってくるようです。

◯七十二候
・初候:土脉潤起(つちのしょううるほひおこる:春の雨に大地も潤うころ)
・次候:霞始靆(かすみはじめてたなびく:春の霧「霞」が薄長く空にかかるころ)
・末候:草木萌動(そうもくめばえいずる:春の日差しの中で、草木が芽を出し始めるころ)

◯旬のたべもの
からし菜、菜の花、春キャベツ、キンカン、わかめ、ズワイガニなど

◯季節のたのしみ
人参、椎茸、さやいんげん、レンコン、そして油揚げ・・・それぞれを別々に煮て、最後に酢飯と混ぜ合わせる五目ちらしは、一つひとつ違う味わいが口の中で重なり広がります。女の子にとっては特別な日のひな祭り。ちらしを囲んでみんなでお祝い、楽しいひととき。


コメント
コメントする








   

links

ビーナちゃんのみつろうクレヨン

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode