啓蟄:けいちつ(二十四節気:3番)

【ビーナちゃんの二十四節気(第3番:啓蟄)】
東京ではあたたかな春の風が吹き、桃や椿に加えて早咲きの桜が咲き始めました。店頭にわらびやセリ、フキノトウが並び、この季節ならではの味を運んでくれています。

ーーーー

『啓蟄:けいちつ(二十四節気:三番/太陽黄経三百四十五°)』
3月6日から。大地が温まり、冬ごもりから目覚めた虫たちが穴をひらいて顔をだす頃。大気が不安定な時期なので、雷鳴が轟くことがあります。立春が過ぎ最初の雷のことを春雷といい、春の到来を告げるめでたいものと考えられているそう。また、この時期に芽吹き始めるのが山菜。寒暖の差が激しく体調を崩しやすいこの頃に、解毒作用のある山菜をいただくのは暮らしの知恵ですね。

◯七十二候
・初候:蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく:冬ごもりしていた生き物が春に誘われ動き出すころ)
・次候:桃始笑(ももはじめてさく:桃の莟が開き、美しく咲き始めるころ)
・末候:菜虫化蝶(なむしちょうとなる:青虫がさなぎから蝶になり羽ばたいていくころ)

◯旬のたべもの
わらび、葉わさび、新タマネギ、さわらなど

◯季節のたのしみ
春めく日には温かい飲み物とおやつを持って、野原でぽかぽかピクニック。芽吹き始めたヨモギやノビルを採ったり、野花のブーケを作ったり、春ならではの楽しみ方がいっぱい。*ノビルは天ぷらやピクルスにしてもおいしいです。


コメント
コメントする








   

links

ビーナちゃんのみつろうクレヨン

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode