穀雨:こくう(二十四節気 第6番)

穀雨(こくう)

 

【ビーナちゃんの二十四節気(第6番:穀雨)】

一雨ごとに植物がすくすくと育ち、新緑の美しい季節。今年の竹の子は例年に比べ成育が早いのだとか。これから向かえる種まきにむけ、大地も準備を始めています。
春ものこり一節気。季節の移り変わりの土用の今、身体も環境も夏をむかえる準備に最適です。

 

ーーー

 

『穀雨:こくう(二十四節気:6番/太陽黄経30°)』

4月20日から。穀雨とは、百穀をうるおし植物を豊かに育てる春雨のこと。穀雨を過ぎると少しずつ雨量も増えて田畑は種まきの時期を迎えます。この時期に農作物や植物の種を蒔くと、雨にも恵まれてよく成長するのだそうです。
次の節目“立夏”を迎える直前が八十八夜、歌でおなじみの茶摘みの季節。古来よりこの八十八夜のお茶は不老長寿の縁起物とされてきました。

◯七十二候
・初候:葭始生(あしはじめてしょうず:葦が芽吹き、野山が若緑に覆われるころ)
・次候:霜止出苗(しもやんでなえいづる:温かくなり霜も降りなくなって苗が育つころ)
・末候:牡丹華(ぼたんはなさく:牡丹の花が美しく咲くころ)

◯旬のたべもの
たけのこ、新ごぼう、木の芽、ヨモギ、真鯛、ヤリイカなど

◯季節のたのしみ
いのちの力にあふれる季節、よもぎなどの薬草も旬。実がなる少し前の葉でつくる「びわの葉エキス」は、虫刺されでもちょっとした怪我でも驚くほど効く自然の万能薬。お外遊びの心強い味方です。


コメント
コメントする








   

links

ビーナちゃんのみつろうクレヨン

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode