芒種:ぼうしゅ(二十四節気 第9番)

芒種(ぼうしゅ)

 

【ビーナちゃんの二十四節気(第9番:芒種)】

 

夏の節気第3番。青、紫、ピンク、グラデーション・・と街路を紫陽花がきれいに彩り、関東での入梅も秒読みに。雨ふりのお出かけはちょっと心が向かないこともあるけれど、静まり返った夜更けの雨音は美しいもの。大地潤い、稲をはじめとする様々な草木を育ててくれるのですね。

 

ーーー

 

『芒種:ぼうしゅ(二十四節気:9番/太陽黄経75°)』

 

6月6月頃から。イネ科の穂先についている毛のような部分を芒(ノギ・ボウ)と呼びます。実際にはもう少し早いけれど、この芒を持つ植物の種まきをする頃です。青々としていた梅の実は熟して黄色くなり漬け時に。モズもキィキィと鳴き始め、いよいよ梅雨に入ります。

 

◯七十二候
・初候:螳螂生(かまきりしょうず:秋に産みつけられたカマキリの卵がかえるころ)
・次候:腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる:草の中から蛍が舞い出て、光を放ちながら飛び交うころ)
・末候:梅子黄(うめのみきばむ:梅の実が熟して黄色くなるころ)

 

◯旬のたべもの
らっきょう、トマト、梅、さくらんぼ、するめいかなど

 

◯季節のたのしみ
梅しごとやらっきょう漬けや紫蘇ジュース作りなど、昔ながらの保存食を作る頃。今ではどこでも手に入るけれど、お家で作る味は素朴ながら美味しさひとしお。一手間かけて自分で作ってみると、食には見えないいのちの働きと暮らしの知恵がたくさん詰まっているのを感じます。しみの付いたTシャツも枇杷の葉で染めるのもかわいいですよ。


コメント
コメントする








   

links

ビーナちゃんのみつろうクレヨン

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode