立冬:りっとう(二十四節気 第19番)

りっとう(立冬)

【ビーナちゃんの二十四節気(第19番:立冬)】


秋から冬へと移行する土用の期間があけ、いよいよ冬のはじまりです。
暖房を入れるにはまだ早いなあと思いつつ、日中の窓辺でひなたぼっこが幸せなこの頃。
灯油ストーブに火を入れるようになったら、子どもたちとミツロウのろうそくをつくろうと思っています。

 

ーーー

 

『立冬:りっとう(二十四節気:19番/太陽黄径225°)
11月7日から。立冬とは、立春・立夏・立秋と並ぶ季節の大きな節目で冬の始まりのこと。「立」には新しい季節になるという意味があります。体感的にはまだ秋で、山間部から木の葉も色づいていきます。立冬を迎えるころには、朝夕は冷え込み日中の日差しも弱まって、木枯らし一号や初雪の便りも届き始めます。

 

◯七十二候
・初候:山茶始開(つばきはじめてひらく:サザンカが咲き始めるころ)
・次候:地始凍(ちはじめてこおる:朝霜が降り、大地が凍り始めるころ)
・末候:金盞香(きんせんかさく:水仙がいい香りを漂わせながら咲くころ)

 

◯旬の食べ物
蓮根、芋類、りんご、生ガキ、マグロなど

 

◯季節のたのしみ
温かい食べ物が幸せに感じる季節。コトコトじっくり火を通すお料理は体も心も芯から温めてくれるよう。陰性のものから陽性のものへと順に重ねてゆっくり火を通す「重ね煮」という調理法があります。作りおきができて、お味噌汁や煮物、カレーなどいろいろなお料理に応用が利きます。

 

ーーー

*ビーナちゃん・ビームくんのナレーションによるイラスト動画「ビーナの二十四節気便り。本日お昼頃に配信の予定です。いつも応援いただきありがとうございます!どうぞおたのしみに。

 

◯カムワッカからのおしらせ◯

 

「ごはん会を企画しています」

これまで仲間内や縁あるメンバーと一緒に、海辺やデイキャンプ場、キャンプ場などでさまざまに、竃ご飯を食する会をしてきましたが、今回初めてカムワッカ企画でごはん会をしてみようという話になっています。多分、年明け1〜2月ころ。

 

ごはん会では、言葉や写真など画面上では伝えるのが難しい、Flower Of Oceanのお塩Yin-Yang米の美味しさを味わっていただいたり、選りすぐりのお野菜で作ったつゆ物、ごはんのお供なども用意して、お子様連れ・お友達と一緒に参加していただけるような会にしようと思っています。会場は神奈川県の逗子駅周辺で検討中です。

 

ご興味ある方は、Line@に登録しておいてくださいね。

ご登録いただいた方には、作家の大滝正明さんからの限定プレゼント企画(流木のクラフト品や手書きのイラストなど)やその他特別なご案内もあります。



links

ビーナちゃんのみつろうクレヨン

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode