小寒:しょうかん(二十四節気 第23番)

 

小寒(しょうかん)


関東では穏やかで晴れ間の多かったここ数日ですが、いよいよ二十四節気も終盤に。一年で最も寒い「寒」の時期に入ります。

寒仕込みの代表といえばお味噌。
ほぼ毎日お味噌汁が食卓に上がる我が家では年間でいただくお味噌は30キロほど。流石に全て手作りは難しいのですが、それでもお豆をコトコト煮たり、塩切り麹と混ぜていくときの香ばしい香りや温かな感触、黙々と詰めていく感じなどは出来立てのお味噌の味わいは格別。

 

今年も寒の内に作りたいねと子供たちと話しています。缶詰の煮豆や色々な豆で作れるのだとか。よかったら試してみてくださいね。

 

ーーー

『小寒 : しょうかん (二十四節気 : 23番 / 太陽黄径285°) 』


1月6日から。
本格的な寒さの到来する頃で寒の入りと言われ、節分までの期間は一年で最も寒くなります。寒中見舞いを出すのもこの時期。

年末年始に美味しいものをたくさん頂き、ちょっとおつかれ気味の胃腸は七草粥で整えて。旬のお野菜、大根おろしも体を整えてくれる強い味方。おじやに入れたり、シンプルなお出汁に入れてスープにしたり、梅干しや生姜を入れてもおいしいです。

 

◯七十二候 
・初候 : 芹乃栄
(せりすなわちさかう:春の七草セリが生え始めるころ) 
・次候 : 水泉動
(しみずあたたかをふくむ:大地の中で凍っていた泉の水が溶け動き始めるころ) 
・末候 : 雉始雊 
(きじはじめてなく : 雉が求愛のためケーンケーンと鳴き始めるころ)

 

◯旬のたべもの 
春の七草(せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ)、春菊、レモン、しじみなど

 

◯季節のたのしみ 
空気も澄んで空も大地も美しい季節。温かい支度をして自然の美を堪能しに出かけませんか?少し早足でお散歩をしていると体の内側からホカホカ暖まってきます。風のある日には凧揚げも楽しく、ちょっとした運動になります。空が澄んでいるので星もよく見え、天体観測も楽しいですね。

 

*この二十四節気の配信は、天地自然のリズムと調和して生きる円形の暦「太陽系時空間地図:地球暦」を元にしています。365日360度惑星の動き・地球の変化が感じられてとても楽しい暦です。

2019年度版は間も無く入荷予定。2018年度版は3月21日まで。まだ1/4の期間、3ヶ月以上太陽系惑星の動きを感じて楽しめます。残りわずかで在庫限りで今年度分は終了。よかったらお早めにお求めくださいね。
http://camwacca.shop-pro.jp/?pid=99238675

*イラストは大滝正明さんが蜜蝋クレヨンで描いてくださっています。
http://camwacca.shop-pro.jp/?pid=74363385

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
自然とつながるライフセレクトのお店
CAMWACCA SELECT STORE

STORE
http://camwacca.shop-pro.jp/
blog
http://blog.camwacca.jp/
https://ameblo.jp/giftofwonder/
YouTube 
https://m.youtube.com/channel/UC6PtA2_g10TncFwkDtvnnzw
LINE@
http://camwacca.jp/about/lineat.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



links

ビーナちゃんのみつろうクレヨン

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode