小満:しょうまん(二十四節気 第8番)

小満(しょうまん)

東京では今朝から大雨。
燦々と降り注ぐお日さまの光と風を受け、雨に潤いながら、植物たちもぐんぐん育っているのを感じます。

そろそろ蚊も出始めましたが、梅雨前までは空気も乾いて心地よく動きやすい時期。
家の隅々や衣に風を通して季節物の入れ替えをしたり、スポーツやハイキング、野山の散策や庭木の手入れ、バーベキューをしたり・・体も動かす活動も楽しい頃。

地域にもよりますが梅の実もなってきて小満から芒種にかけては梅仕事も。ちょうど今の時期は青梅の実る頃。梅シロップは子どもたちのお気に入り。去年つけた梅醤油も一年を通して大活躍だったので、今年もつけてみようと思います。

色々なおうちには色々な味があって面白いなと思うこの頃。皆さんのおすすめの梅レシピ、どんなものがありますか?よかったらコメント欄で教えていただけると嬉しいです。

ーーー
 
『小満:しょうまん(二十四節気:8番/太陽黄経60°) 』

5月21日から。

天地万物にいのちの気が満ち、草木が成長して茂る頃。梅が実り、紅花は満開に。麦の穂も育ち、農家で は田植えの準備が始まります。蚕も大きく育って、絹糸を紡ぎます。梅雨の前のさわやかな陽気は衣替えぴったり。お天気 のいい日には潮干狩りもいいですね。

○七十二候 
・初候:蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ:蚕が桑の葉を沢山食べて成長するころ) 
・次候:紅花栄(べにばなさかう:紅花が野原一面に咲くころ) 
・末候:麦秋至(むぎのときいたる:麦が実り、金色の実をたわわに実らせる頃)

◯旬のたべもの 
空豆、しそ、びわ、キス、クルマエビなど

◯季節のたのしみ 

青梅の頃。梅シロップは子供達も大人気。梅の実を丁寧に洗い、布巾で優しく拭いて、竹串でヘタをとったら、清潔な瓶に 梅の実を入れ、かぶるぐらいのはちみつを入れて。冷暗所で毎日優しく瓶を回し混ぜて・・フードプロセッサーでかき氷を作 り、この梅シロップをかけていただくとさっぱりとして美味しい夏のおやつです。



links

ビーナちゃんのみつろうクレヨン

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode