【Report】福島へみつばちハウスを届けてきました



2011年5月5日。こどもの日。
福島県にある「四季の里」で行われた福島応援イベントに合流し、
・みつばちハウス
・みつばちハウスミニチュア(1/10)工作用紙
・ビーナちゃん絵本
そして
前回のイベントの際に集めさせて頂いた募金で購入した工作キット
を、被災地の皆様に届けてきました。

朝に東京を出発し、東北自動車道で福島方面に車を走らせます。
那須高原を超えると、高速道路の道も震災の影響でうねっているところもあり、地震の大きさを感じさせます。
ただ多くの場所で新しく舗装されている道を見ると、この2ヶ月弱の間に急ピッチで復旧がなされた、その人間のパワーにも驚かされました。

昼過ぎに「四季の里」に到着。この会場は内陸寄りにあることから、被害そのものは感じられず、それ以上に多くの子ども達が元気よく遊んでいるのが印象的でした。
しかし実際に話を聞くと、海岸寄りから内陸側に避難してきている人も大勢いたり、また、商業施設や工場の多くが閉鎖され就業等についても、多くの問題があるとのこと。
今後も引き続き、息の長い被災地への応援が必要だと痛感しました。

そんな現実を教えて頂きながらも、5/5は子どもの日。
少しでも子ども達に元気になってもらいたいと
みつばちハウスを、芝生の上に設置。
突然現れた、ダンボールのお家に、子ども達は遠慮なく(笑)入っていきます。みんなで中に入ってギュウギュウ詰めになってみたり、迷路のようにあそんだり、中でビーナちゃんの絵本を読んだり・・・思い思いに楽しんでもらいました。

応援にきたつもりが、福島の子ども達に逆に元気をもらう一日になりました。

コメント
コメントする








   

links

ビーナちゃんのみつろうクレヨン

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode