夏至:げし(二十四節気 第10番)

夏至(げし)

 

ここ一週間ほど関東では、晴れ間が続いていたものの、今朝から梅雨空が戻って来ました。

「春分」を起点に、地球はお日様の周りを90度、4分の1進み今日は「夏至」。お日さまから地球に降り注ぐ光も、等分から最大へ。夏至は光が最も満ちる時。

今はさほど暑さを感じないものの、梅雨が明けると暑さのピークがやって来ます。夏のお野菜や程よく風を取り入れたり、ハーブの香りや成分で、体も心も自然の作用で養生しながら、汗をよくかきお手当てもをして、元気に過ごして行きましょう。

ーーーー

『夏至:げし(二十四節気:10番/太陽黄経90°) 』

6月22日から。
夏の折り返し地点。北半球では一年中で一番昼が長く夜が短くなります。冬至に比べると昼間の長さは+ 6時間ほど。
梅雨の最中で暑さのピークは一ヶ月ほど先になるものの、この日を境に日は一日毎に短くなっていきます。

夏至に は世界中で、お日さまの生命力を得るためのお祭りが開かれ、日本では夫婦岩のある三重県の二見輿玉神社で行われる 「夏至際」が有名です。雑節では夏至から11日目を半夏生といい、黄経100度の点を太陽が通過する日。
半夏という植物が 咲く頃、畑仕事や田植えも終わりの目安となっています。

◯七十二候 
・初候:乃東枯(なつかれくさかるる:ウツボグサが黒く枯れたようになるころ) 
・次候:菖蒲華(あやめはなさく:アヤメの花が咲き始めるころ) 
・末候:半夏生(はんげしょうず:カラスビシャクが生え始めるころ)

◯旬のたべもの 
きゅうり、ピーマン、枝豆、鮎など

◯季節のたのしみ 
旧暦6月の末日は大祓いの日。

年末に、一年分の大掃除をまとめてするのもいいけれど、半年に一度、もしくは月の満ち欠けや旧暦の節目、大祓いの日に 合わせて心身環境を見直すのもおすすめ。小さな子供のいる家庭では、一年に一度では難しいことも..小刻みに目安を作れば、案外進んで行くもの。

先日お話し会に来てくださった方は、寒くて体がかじかむ冬ではなく、夏に大掃除をするのだと話してくれました。色々な節目、自分の気が満ちているタイミングで住環境を整えていくのもいいですね。

------

*この二十四節気の配信は、天地自然のリズムと調和して生きる円形の暦「太陽系時空間地図:地球暦」を元にしています。365日360度惑星の動き・地球の変化が感じられてとても楽しい暦です。

3月21日始まりの「地球暦2019」まだまだ人気。好評発売中です!
http://camwacca.shop-pro.jp/?pid=139277868

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
自然とつながるライフセレクトのお店
CAMWACCA SELECT STORE
STORE
http://camwacca.shop-pro.jp/
blog
http://blog.camwacca.jp/
https://ameblo.jp/giftofwonder/
YouTube 
https://m.youtube.com/channel/UC6PtA2_g10TncFwkDtvnnzw
LINE@
http://camwacca.jp/about/lineat.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



links

ビーナちゃんのみつろうクレヨン

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode