立秋:りっしゅう(二十四節気 第13番)

立秋(りっしゅう)

 

一年でもっとも気温が高くもっとも暑いこの時期には、昼夜涼しいところを求めて居場所寝所を移動しつつ、暑さをしのいでいますが・・・

太陽との位置関係では春分から135度経過し、土用も開けていよいよ立秋。秋の気が立ち始める頃。

昼にはひぐらし、夜には虫の声が聞こえ始めると、雲や風に秋らしさを感じられるように。季節は重なり合いながら次の季節へと徐々にバトンが渡っているのですね。

 

土用が明けたけれど、秋の始まり。上手に自然の涼を取り込みながら、元気に過ごしていきましょう。

 

ーーーー

 

『立秋:りっしゅう(二十四節気:13番/太陽黄経135°) 』

 

8月8日から。

夏至と秋分のちょうど真ん中で、暦の上では秋が始まります。

 

ただ、日中は残暑厳しく一年で最も気温が高 くなる頃で、残暑見舞いを出すのもこの期間。各地で夏祭りが行われます。

 

お盆の時期で夏の行楽もまだ続いていきます が、耳をすますと夏の終わりを告げるヒグラシやの虫の声が、空には秋のうろこ雲が顔をのぞかせる頃。ツユクサも綺麗に 咲いています。

 

◯七十二候

・初候 : 涼風至 ( すずかぜいたる : 日差しも和らぎ秋の涼しい風が吹き始めるころ)

・次候 : 寒蝉鳴 ( ひぐらしなく : 朝夕にひぐらしが鳴き始めるころ)

・末候 : 蒙霧升降(ふかききりまとう : 山や水辺に深い霧が立ち込めるころ)

 

◯旬の味覚 新しょうが、赤唐辛子、ずいき、モロヘイヤ、茄子、桃、アワビなど

 

◯季節の楽しみ

お盆といえばお墓まいり。もともとお盆は、いのちのバトンを繋いでくれたご先祖様に、感謝と敬いの気持ちを 表す神事だったそう。

 

その後伝来した仏教と合わさり、お供物を捧げて、ご先祖様に感謝するようになったのだとか。様々に便利になりゆく今ですが、昔ながらの行事には、いのちを敬う先人のこころが詰まっているのを感じます。

 

 

 

*この二十四節気の配信は、天地自然のリズムと調和して生きる円形の暦「太陽系時空間地図:地球暦」を元にしています。365日360度惑星の動き・地球の変化が感じられてとても楽しい暦です。

 

3月21日始まりの「地球暦2019」まだまだ人気。好評発売中です!

http://camwacca.shop-pro.jp/?pid=139277868

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自然とつながるライフセレクトのお店

CAMWACCA SELECT STORE

STORE

http://camwacca.shop-pro.jp/

blog

http://blog.camwacca.jp/

https://ameblo.jp/giftofwonder/

YouTube

https://m.youtube.com/channel/UC6PtA2_g10TncFwkDtvnnzw

LINE@

http://camwacca.jp/about/lineat.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



links

ビーナちゃんのみつろうクレヨン

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode