大雪:たいせつ(二十四節気 第21番)

大雪(たいせつ)

日の入りが早くなり、17時頃にはもう真っ暗。気温もぐっと下がり、木々も葉を落として、本格的な冬の到来を感じる季節になりました。

一方で、小さな芽を出しはじめた木々に触れ、冬は表に現れる活動こそ少ないけれど、次のいのちのサイクルに向け力を蓄えているのだと気付かされます。

私たちはつい目に見えることや、「動」に重きが置かれがちな気がしますが、水面下や「静」けさの中で蓄えられていることや、いのちの働きも、同様に大切にしていきたい、そんな風に感じて居ます。

大雪の次は、いよいよ陰のピークポイント「冬至」。冬至が来るとクリスマス、そして年末年始と年の節目に。

色々と忙しなくなる時期ですが、しっかりと睡眠をとり、腸も整え、元気に過ごしていきたいですね。ちなみに、ビーナちゃん・ビームくんは、梅やマヌカハニー、おみかんなどが冬のお供。腸整を意識して過ごすようになってから、二人とも冬でも大きく調子を崩すことが少ない気がします。

ーーーー

『大雪 : たいせつ ( 二十四節気:21番/太陽黄経255°) 』

 

12月7日から。
北風が吹き、山間部には大雪が降り一面が雪野原、平地でも雪が降り南天の実が赤く染まる頃と言われ ています。新しい年まで後三週間。そろそろお正月の準備も始まります。

本格的な冬の到来で動物達も冬ごもり。お家でぬ くぬく手仕事や読書も楽しい季節。「冬じたくのおみせ」「はたらきもののじょせつしゃ けいてぃー」「ふゆのよるのおくりもの」 「ゆき」など冬の絵本は読んでいて心が温かくなります。外は寒くも心温かく過ごしたいですね。

 

◯七十二候
・初候 : 閉塞成冬 ( そらさむくふゆとなる : 空が塞がれたように寒さに包まれていくころ)
・次候 : 熊蟄穴 ( くまあなにこもる : クマやリスなどの動物が穴で冬ごもりを始めるころ)
・末候 : 鱖魚群 ( さけのうおむらがる : 海を回遊していた鮭が産卵のため川を上がるころ)

 

◯旬のたべもの
かぶ、百合根、くわい、ニラ、ねぎ、洋なし、タラ、マダコなど

 

◯季節の楽しみ
みつろうキャンドル、ローズウィンドウ、ヒンメリなど、手仕事の楽しみがいっぱい。大きめの缶(海苔缶など)にみつろうを入 れたら、湯煎で溶かし、適度な長さに切ったキャンドル芯を何度もたらしていくと、みつろうキャンドルの出来上がり。木の株 を輪切りにしてヤスリで磨いてつくるキャンドルスタンドも素敵です。

 

 

 

*この二十四節気の配信は、天地自然のリズムと調和して生きる円形の暦「太陽系時空間地図:地球暦」を元にしています。365日360度惑星の動き・地球の変化が感じられてとても楽しい暦です。

「地球暦2019」まだまだ人気。好評発売中です!
http://camwacca.shop-pro.jp/?pid=139277868

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
自然とつながるライフセレクトのお店
CAMWACCA SELECT STORE
STORE
http://camwacca.shop-pro.jp/
blog
http://blog.camwacca.jp/
https://ameblo.jp/giftofwonder/
YouTube
https://m.youtube.com/channel/UC6PtA2_g10TncFwkDtvnnzw
LINE@
http://camwacca.jp/about/lineat.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



links

ビーナちゃんのみつろうクレヨン

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode