冬至:とうじ(二十四節気 第22番)

冬至(とうじ)

 

いよいよ寒さも本格的になり、子どもたちもストーブの前に集まってくるようになりました。

今年も残すところ10日を切り、いよいよ1年の締めくくり。1年を振り返って、今どんなことが思い起こされますか?

楽しかったこと、残念だったこと、満足していること、悔やまれること、色々思い浮かんできますが、何はともあれ、元気に今を生きていられることが、とてもありがたいと感じています。

慌ただしい年の瀬ですが、振り返りや迎えくる年への抱負を描きながら、温かい食べ物や飲み物、陽だまりでホッと一息入れたりしながら元気に過ごして生きたいなと思います。

ちなみに、来年は「望みが叶いやすい流れの年」だとか。。
深いところで自分が望んでいることが叶うため、自分の本当の望みや日々の思考に意識を向けることが大切だそうです。

ーーーー

『冬至:とうじ(二十四節気22番 / 太陽黄経270°) 』

12月22日から。
北半球では太陽が一年で最も南の軌道を描く日で、日照時間も一年で一番短くなります。陰が極まり陽に転ずるピークポイント。

旧暦では暦を 計算する起点とされ、太陽の力が最も弱まるこの日を境に再び力が蘇るという意味で「太陽の生まれる日/太陽が復活す る日」として、古代ローマでは盛大な冬至祭が行われていたのだそうです。

◯七十二候
・初候 : 乃東生(なつかれくさしょうず : うつぼぐさが芽を出すころ)
・次候 : 麋角解 ( さわしかつのおる : ヘラジカの角が落ち生え変わるころ)
・末候 : 雪下出麦 ( ゆきわたりてむぎのびる : 積もった雪のしたで、麦が芽を出し始めるころ)

○旬の味覚
水菜、赤かぶ、カリフラワー、黒豆、ゆず、マグロ、伊勢エビなど

◯季節の楽しみ
冬至は陰が極まり再び陽に転ずる日という意味で「一陽来復」とも言われ、運が上向く日とされています。この日に「ん」の つくものを食べると「運」が呼び込めるのだとか。年の瀬の忙しい時だけれど、ラストスパートの手前の小休止。少し早めに お家に帰って栄養豊富なかぼちゃを味わったり、ゆっくり柚子湯に入るのもいいですね。

*この二十四節気の配信は、天地自然のリズムと調和して生きる円形の暦「太陽系時空間地図:地球暦」を元にしています。365日360度惑星の動き・地球の変化が感じられてとても楽しい暦です。

「地球暦2019」残りわずかになりました。
http://camwacca.shop-pro.jp/?pid=139277868

*今後のカムワッカ プログラム
2月5日 環境教育家&カウンセラーの松木正氏講演会(東京都内)
2月6日 自分の本質を育むコミュニケーションワーク 「松木正さんによるオープン・カウンセリング」
3月5日 宇井のどか「きせつのお話会」@逗子100sai

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
自然とつながるライフセレクトのお店
CAMWACCA SELECT STORE
STORE
http://camwacca.shop-pro.jp/
blog
http://blog.camwacca.jp/
https://ameblo.jp/giftofwonder/
YouTube
https://m.youtube.com/channel/UC6PtA2_g10TncFwkDtvnnzw
LINE@
http://camwacca.jp/about/lineat.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



links

ビーナちゃんのみつろうクレヨン

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode