【レポート】五感で感じるワークショップ@三保の松原

6月最後の週末に、カムワッカスタッフ家族で、
みつばちハウスのデザイナー:大滝氏のお宅のある静岡県の清水にお伺いしました。
世界遺産に登録された「三保の松原」で子ども達は美しい自然と戯れ、
大滝様のお宅では、野草生け花をしたり、季節のめぐみ溢れた料理を頂いたりと
視・聴・嗅・味・触の”五感をフルに使って楽しむ”ワークショップです。

■三保の松原

朝、三保の松原に集合。
子ども達は、さっそく松の木に登りだし、海を見れば自然と走り出します。
海岸では水辺で遊び、丸い石を拾い見せ合います。
砂浜では、浜昼顔の最後の一輪も見つけました。
静かなパワーの溢れる三保の海岸で、子ども達は午前中、力一杯遊びました。


■生け花

大滝氏宅にお邪魔して、お庭の花を摘んで、生け花。
大滝氏の素敵な花器に子ども達も一生懸命、花を生けます。
一番お姉さんのアマナちゃんは、大人もビックリのセンスで上手に生けることができました。
七夕飾りにも挑戦。小さな子ども達も短冊にペンで絵を描いて、テープで留めてご満悦。


■蒸し鍋

お楽しみの昼ごはん。
栄養士の資格をお持ちの大滝氏の奥様、娘さんが「おもてなしの土鍋料理」を振る舞って
下さいました。100年以上の歴史をもつ、伊賀焼きの釜元・長谷園の様々な土鍋を使い
・「ヘルシー蒸し鍋」を使った夏野菜どっさり、豚バラキャベツ。
・「いぶしぎん」を使った、スモークおつまみ
・「かまどさん」を使った、七分つき米
・「ヘルシー蒸し鍋」を使ったバナナと甘夏のホットデザート
の、土鍋料理のフルコース。
土鍋といえば、汁物でしか使ったことがありませんでしたが
蒸し料理や、スモークとして活躍するのは驚きでした。
土鍋の遠赤外線の力で、無農薬食材の力を生かした食事を堪能させていただきました。


■デザート作り

食事の後は、デザート作り。
お庭の夏みかんを、皮を器に、果汁を絞ったものと寒天を混ぜて流し込みます。
女の子のアマナちゃんは、率先してゼリー作りを楽しみました。

最後に、みんなで美味しく頂き、
視・聴・嗅・味・触の”五感をフルに使って楽しむ”ワークショップは終了。
子ども達も、貴重な体験をたくさんできて本当に楽しそうでした。
エネルギーを使い切った子ども達は、車に乗ったとたんにグッスリ。

今回は、スタッフ内でテストも兼ねてにワークショップを行いましたが、
皆様ともご一緒に楽しめるよう、徐々に企画をして行きたいと思っておりますので
ご期待くださいね。

コメント
コメントする








   

links

ビーナちゃんのみつろうクレヨン

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode