夏至:げし(二十四節気 第十番)

夏至(げし)

【夏至:げし(二十四節気:十番/太陽黄経九十°)】

 

6月21日(から)。夏の折り返し地点。北半球では一年中で一番昼が長く夜が短くなります。冬至に比べると昼間の長さはプラス四時間。梅雨の最中で暑さのピークは一ヶ月ほど先になるものの、この日を境に日は一日毎に短くなっていきます。夏至には世界中で、お日さまの生命力を得るためのお祭りが開かれ、日本では夫婦岩のある三重県の二見輿玉神社で行われる「夏至際」が有名です。雑節では夏至から十一日目を半夏生といい、黄経百度の点を太陽が通過する日。半夏という植物が咲く頃、畑仕事や田植えも終わりの目安となっています。

 

○七十二候

・初候:乃東枯(なつかれくさかるる:ウツボグサが黒く枯れたようになるころ)

・次候:菖蒲華(あやめはなさく:アヤメの花が咲き始めるころ)

・末候:半夏生(はんげしょうず:カラスビシャクが生え始めるころ)

 

◯旬のたべもの

オクラ、実山椒、ジュンサイ、夏みかん、鮎など

 

◯季節のたのしみ

六月の末日は大祓いの日。一年分の大掃除をまとめてするのもいいけれど、月の満ち欠けや旧暦の節目、大祓いの日に合わせて心身環境を見直すのもおすすめ。というのも、小さな子供のいる家庭では、一年に一度では難しいことも‥小刻みに目安を作って片付けていくのもいいですよね。


コメント
コメントする








   

links

ビーナちゃんのみつろうクレヨン

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode