大暑:たいしょ(二十四節気 第十二番)

大暑(たいしょ)

 

7月23日から。梅雨が明け、快晴が広がり気温が上が り続けていくころ。実際のピークはもう少し先ですが、 夏から秋へと向かう土用の真っ只中、鰻やうどん、梅干しなど、 昔ながらに「う」がつく食べ物で精をつけて 。大暑が過ぎる 暦の上ではもう秋。暑くてついつい手が伸 がちな冷たいも 少し控えめにしながら、夏野菜で穏やかに涼を得て過ごすと、 秋〜冬に調子が整うそうです。

小暑・大暑 期間がいわゆる暑中と呼ばれる期間 でこの時期に暑中見舞いを出す が習わしです。

 

◯七十二候

・初候:桐始結花(きりはじめてはなをむす : 桐 の実がなり始めるころ)

・次候:土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし :土がじっとりとして 、まとわりうくようか暑さを感じるころ)

・末候:大雨時行(たいうときどきにふる : 入道雲がでて、夕立など大雨が降るころ)

 

◯旬の味覚

とうもろこし、きゅうり、枝豆、大葉、すいか、ウニ、うなぎ、 スズキ

 

○季節のお楽しみ

海に山に川に楽しい遊びがたくさんの季節。 室内を涼しくし過ぎず 、たくさん遊びたくさん汗をかいて代謝を良くしておくと、 熱中症になり くいようです。 お外遊びの時は大人も子供も帽子と飲み物を忘れずに。 また汗疹には桃の葉を煮出してお風呂に入れるとすっと良くなって いきます。


コメント
コメントする








   

links

ビーナちゃんのみつろうクレヨン

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode