田口スピーカー家庭用小型モデル:完成に近づいて来た

 

ここのところ、音楽関係の方に話題にしていただいたり、お問い合わせいただくことが増えてきた、Taguchi Speaker(田口スピーカー)こと、田口造型音響・田口 和典さんの生み出すスピーカー。

 

「子どもや動物など、感覚器官が繊細なほど反応がいいんだよ」

とおっしゃる田口さん。

 

 

UPLINKやBLUENOTEのプロ用スピーカーを手がける一方で、「子どもたちにいい音を聴かせてあげたい」と、近隣の小学校にもスピーカーを貸し出されている。

 

そんな田口さんが、

子どもたちいる家庭やヨガ・サロンなどでも、もっと気軽に・・

との思いで企画されている家庭用の小型モデル。

 

 

このブログやCAMWACCAのFBでも途中経過をご紹介している中、最近、興味を持ってくださる方が増えてきたようでとても嬉しい。

 

 

田口さんのスピーカーの魅力をひと事で語ることは出来ないし、私は音楽の専門ではないので専門的なことは語れない。

けれど、大人になるにつれ知覚しづらくなる音域が聞こえたり、音の微妙なズレに敏感だったり、聴覚をはじめ感覚には超敏感でこだわりの強い私が感じること。

 

まず一つ目は「音に包まれる心地よさ」

 

音って耳に届くものだとばかり思っていたけれど、田口さんのスピーカーに出会ってから、体全体を包むものだったんだってことを知った私。

しかも、そのスピーカーが鳴り響く空間では、位置によっての違いをほとんど感じないほど、どこにいても心地よい音の空間が広がっていること。

 

もう一つは、「まるでその場に自分がいるかのような臨場感」

 

田口さんのスピーカーはよく、録音された空間の「気配」まで再現すると言われているけれど、本当にそうだと思う!

 

例えば森で撮られた音源なら、森の中にいる感覚になるし

海で録音された音源なら 海辺にいる感覚

ライブ会場ならライブ会場が

 

まるでそこにあるように感じられる。

目を閉じたら、その空間の中に自分がいる感覚になる。

 

田口さんの工房に遊びに行くと、いつも特注のスピーカーや新作がおいてあって、視聴させてくれるのだけれど、その時に和太鼓のライブ音源をかけてくれる。

ほんの小さな音、演奏者の息遣いやそのライブ会場の空気感までがその音の中に再現されていて、あれ?ここはライブ会場?って錯覚するほど。

 

流石に小さなモデルでは、低音〜高音の再生幅やパワーはプロスペックとは違うけれど、それでもこのスピーカーが放つ音の心地よさには変わりがないし、家庭で鳴らせる音のボリュームを考えても、暮らしの中で動きながら聴くというシチュエーションを考えても、十分以上のものがある。

 

ーーー

 

さて、田口さんのスピーカーの魅力を語りだしたら、音の専門家ではない私でも尽きることはないので・・

 

先日、「発売予定となっている小型モデルはいつ発売ですか?どんな開発状況ですか?」というお問い合わせをいただいたこともあり、ちょっと遡るけれど、現在の状況を少し。

 

この5月でサイズ、形はほぼ最終形。前回、6月の打ち合わせでは仕上げや細かい部分を詰めています。

 

お家のインテリアにも馴染むように・・

軽量で持ち運べるように・・

 

など色々考えて今回は突き板で仕上げることに。

 

「色々な素材を実際見て決めるといいよ」と

田口さんとお付き合いある突き板屋さん、有限会社 山一商店さんをご紹介くださり。

 

メンバーみんなで訪問。

この日はスタッフの子供もフリースペースが施設点検でおやすみ。うっかり忘れて打ち合わせを入れてしまったけれど、せっかくなので社会科見学を兼ねて一緒に。

 

 

 

 

これらは、木の個性が強かったり模様の出方が不揃いだったり、一部日焼けしていたりなど、まるでプリントのような均質感を突き板に求める日本の市場では、残念ながらはじかれ廃棄されてしまう「アウトレット品」。なのだそう。

 

 

 

 

 

「わー、いっぱい種類がある。面白い!」

 

 

どれもとても魅力的な表情をしているのだけれど、これが捨てられちゃうの?

 

こういうアウトレット品をもっと活用していきたいんですよね!

という有限会社 山一商店 山内さんの想いに触れ、アウトレット品がもっと活かされるような何か考えたいねとメンバー一同。 

 

 

 

 

 

結局、今回選んだのは「アウトレット」そのものではないけれど、サイズの関係で採用される機会が少ない材から、シカモア材をセレクト。 

 

 

 

 

しっとり光沢があって、キラキラと美しいこの材は、なんとバイオリンに使われている木材。本当は超がつくほど高級な材だけれど、ワンシートのサイズが企画より小さいために少し手に入れやすいものがある、とのこと。

 

この新作スピーカーのサイズにはもってこいで、でそちらを使わせていただくことに。

 

サンプルをいただいて、田口さんのところに戻ると・・

「おお〜これいいじゃない?こんなのあったんだ!」

と田口さんも大喜び。

 

 

満場一致でシカモア材に決定。

 

その他、今回は縦・横置き、天井吊るしの3パターンで楽しんでいただけるように、底面部分の仕様など決めていく。

 

田口さんの息子さんで、大工さんで一級建築士さん、現在一緒にスピーカーを作っている明容さんも大工目線で打ち合わせに加わってくださり。

 

 

 

 

【田口さんの人となりを感じるお話を少し】

 

 

突き板屋さんでの打ち合わせに向かう途中、田口さんからお電話が。

「お昼一緒に食べようよ」

 

ということで、田口さんの打ち合わせの前にお昼ご飯をご一緒に。

 

 

 

西葛西のインドカレー屋さんは田口さんのイチオシ

優しいお味でとっても美味しい。

お店にはインド食材も置いてあったり、こんなシャンプーも。

私は敏感肌で使えないと思ったけど、アーユルヴェーダのシャンプだというので一つ手に入れて見た。

 

 

甘酒を作ったりや酵素玄米をご自身で炊かれている田口さん。

 

いつもイベントの時に私が作っていたベジご飯。シンプルなのにとっても喜んでくれてたけれど、こうして田口さんのオススメのお店に来てみると、やっぱり味付けが優しくて、こういうものを日々召し上がっているがゆえに、シンプルな味付けも美味しく食べてくださったんだなあと納得。

 

そのままUPLINK吉祥寺で上映中のインド映画でも見に行っちゃう?

なんて話も出たけれど、この日、私たちは鎌倉でタブラの演奏を聴く予定になっていたので、残念ながらご一緒できず。

 

打ち合わせは短時間ながらとても充実していて、突き板が張られたところをみるのが楽しみ。

 

次の打ち合わせは・・・

なんと明日です。

 

ただ、今回の打ち合わせをサンプルの仕上がり確認ではなくて、製品が上がった後のお披露目をどんな感じにしようかという相談に。音楽家でもあり、大学の講師でもあり、様々なパフォーマンスを世界中でしている、スタッフみんなの共通の友人に入ってもらい、このスピーカーならではの音空間を体感していただける場を作ろうと思っています。

 

明日の打ち合わせの様子もまたブロブに綴ろうと思います。

 


動画:ビーナの二十四節気便り「小暑」

『感性豊かな季節の暮らし』をテーマに、子どもたちと一緒に企画製作している動画版「ビーナの二十四節気便り」、小暑の号ができました。


それぞれの節気について、地球暦や文献、色々なお話を聞きながら調べるところから始まる、この動画制作。
 
「小暑は毎年、七夕頃に始まるんだね。」
「七夕の始まりって、豊作と健康への祈りだったんだね」
「五色の意味と、世界の伝統の繋がり面白いね」
「季節のお花、学校へ通う道で見つけたよー。」
 

などなど、今回も大小さまざまな発見や感動がありました。
  
いつも親子で楽しみにしている季節の楽しみ体験。今回もやっぱり楽しみなのは食のこと。
 
「水羊羹て手作りできるんだ!」
「完成済みのあんこからにする?」「いやいや、乾燥の小豆から作ろうよ」とやりとりしつつ・・
 
ほぼ毎日、朝は5時台から元気に起きているビーナちゃんがみんなを起こし、6時過ぎからあんこ作りがスタート。小豆が煮えていくいい香りの中で、ちょっとお味見。うん、美味しい!!


 


学校とフリースペース、やりたいことがいっぱいな子供達の毎日。お互いに時間を調整しつつ作っていくのは大変なこともあるけれど、この美味しかったり、出来上がって嬉しい瞬間、「また次回も作ろうね」って互いににっこり。
 
最近見てくださっている方から、嬉しいお言葉もいただイタリ、シェアしてくださったり・・ビーナちゃん、ビームくんとても幸せに感じています。
 
季節と皆様との繋がり感謝して、最新号をお届けします。

 

*この二十四節気の配信は、天地自然のリズムと調和して生きる円形の暦「太陽系時空間地図:地球暦」を元にしています。365日360度惑星の動き・地球の変化が感じられてとても楽しい暦です。 

3月21日始まりの「地球暦2019」まだまだ人気。好評発売中です! 
http://camwacca.shop-pro.jp/?pid=139277868 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
自然とつながるライフセレクトのお店 
CAMWACCA SELECT STORE 
STORE 
http://camwacca.shop-pro.jp/ 
blog 
http://blog.camwacca.jp/ 
https://ameblo.jp/giftofwonder/ 
YouTube  
https://m.youtube.com/channel/UC6PtA2_g10TncFwkDtvnnzw 
LINE@ 
http://camwacca.jp/about/lineat.html 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


小暑:しょうしょ(二十四節気 第11番)

小暑(しょうしょ)

ここ数日、関東では涼しい日が続いています。
夏の暑さが楽しみな気持ちと、まだもう少し涼しく過ごしていたい気持ち・・その両方が入り混じっているようです。

 

夏の暑さが本格化したら、海に山にと遊びを満喫できるよう、今から準備をするのも楽しいですね。

ーーーー

『小暑:しょうしょ(二十四節気:11番/太陽黄経105°) 』

 

7月7日から。
まもなく梅雨が明け、暑さが本格化する頃。
地中から起き出し羽化した蝉が鳴き始め、蓮も咲き始めます。 小暑の終わりが夏から秋に向かう土用。暑さも日に日に増してくるので、体を程よく冷ましてくれる夏のお野菜を取りなが ら、栄養のあるものを食べて体力をつけておきたいですね。

 

◯七十二候
・ 初候 : 温風至 (あつかぜいたる : 日差しが強くなり、熱い風が吹き始めるころ) 
・ 次候 : 蓮始開 ( はすはじめてひらく : 蓮の花が美しく咲き始めるころ) 
・ 末候 : 鷹乃学習(たかすなわちわざをなす:5〜6月に生まれた鷹が飛び猟りを覚え、巣立ってゆく頃)

 

◯旬の味覚 
ゴーヤ、冬瓜、トウモロコシ、モロヘイヤ、コチ、穴子など

  

 

◯季節のたのしみ

 

7月7日は七夕。「たなばた」とは元々織り機のことで、日本の神事でした。短冊に願い事は江戸時代から始まった風習です が、5色の短冊は中国の陰陽五行説にちなんだもので、様々な紙飾りにもそれぞれに意味があるそう。お飾りをつくったり 願い事を書いたりしていると、心にもふっと橋がかかるようです。

 

*写真は竹の紙の短冊。

製造元の中越パルプさんが、工場のある地域の方のリクエストで開発。放竹林の課題も、みんなで楽しく心地よく活用しながら取り組んでいけるのは素敵だなと思っています。

 

カムワッカ メンバーも、オンラインストアでも人気の竹紙ノート。

 

*この二十四節気の配信は、天地自然のリズムと調和して生きる円形の暦「太陽系時空間地図:地球暦」を元にしています。365日360度惑星の動き・地球の変化が感じられてとても楽しい暦です。 

3月21日始まりの「地球暦2019」まだまだ人気。好評発売中です! 
http://camwacca.shop-pro.jp/?pid=139277868 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
自然とつながるライフセレクトのお店 
CAMWACCA SELECT STORE 
STORE 
http://camwacca.shop-pro.jp/ 
blog 
http://blog.camwacca.jp/ 
https://ameblo.jp/giftofwonder/ 
YouTube  
https://m.youtube.com/channel/UC6PtA2_g10TncFwkDtvnnzw 
LINE@ 
http://camwacca.jp/about/lineat.html 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


動画:ビーナの二十四節気便り「夏至」

「感性豊かに生きていたい」
「日々めぐりゆく季節を、丁寧に味わい暮らしたい」
「季節や暮らしのこともっと親子で楽しみたい」

 

この数年、地球暦とともに毎日を過ごし、自分の中で&子どもたちと楽しんできたこと。
まだ人にお伝えできるレベルではないかもしれない・・と思いながらも、少しずつ言葉にまとめ、イラストと一緒に配信するようになって・・早3年。
  
秋分から始めた動画制作も一年一周の4分の3地点まできました。
まあ毎回思わぬハプニングは色々あるのですが・・

数ヶ月前からちょっとずつ様子のおかしい、収録用のiphone。今回はいよいよ録音したはずの一部がズッポリなくなっていてなんども撮り直し(泣)
しかもビーナちゃんはちょうどフリースペースで企画しているイベントの大詰めでもあり。。

何度も取り直しに親子ともにがっくりしつつも、すごい集中力で最初に撮ったものより伝わりやすくなってるのが幸いでした。
 
夏至の回の体験コーナーは・・
こどもの日で作ったちまきの、笹のいい香りが忘れられない〜。抗菌作用に優れた笹の葉をもっと暮らしに生かしお料理に使えたらいいねとか、やっぱりお菓子を作りたいよ〜という意見も出つつ、この時期ならではの切実なこと「虫刺され」に効くクリームを一緒に作ろう!ということに。
 
通常かゆみ止めや怪我に使う、ラベンダーやティートリーなど、精油のボトルはさすがに一緒にいる時だけ。見守りながらの使用ですが、精油濃度控えめでクリームになっていれば、自由に使ってもらえてお互い気楽。
 
ミツロウクリームを一緒に作るのが初めてのビーナちゃんは大喜び。その後も、人にプレゼントする瓶を作ったり、今度は練香を作ってみようとホクホクしている様子です。
  
昨日からは、桃の葉を煮出して桃の葉風呂にしたり、だんだん夏の暑さが本格化。いっぱい汗をかいて元気に過ごしていきたいなあと思います。


夏至:げし(二十四節気 第10番)

夏至(げし)

 

ここ一週間ほど関東では、晴れ間が続いていたものの、今朝から梅雨空が戻って来ました。

「春分」を起点に、地球はお日様の周りを90度、4分の1進み今日は「夏至」。お日さまから地球に降り注ぐ光も、等分から最大へ。夏至は光が最も満ちる時。

今はさほど暑さを感じないものの、梅雨が明けると暑さのピークがやって来ます。夏のお野菜や程よく風を取り入れたり、ハーブの香りや成分で、体も心も自然の作用で養生しながら、汗をよくかきお手当てもをして、元気に過ごして行きましょう。

ーーーー

『夏至:げし(二十四節気:10番/太陽黄経90°) 』

6月22日から。
夏の折り返し地点。北半球では一年中で一番昼が長く夜が短くなります。冬至に比べると昼間の長さは+ 6時間ほど。
梅雨の最中で暑さのピークは一ヶ月ほど先になるものの、この日を境に日は一日毎に短くなっていきます。

夏至に は世界中で、お日さまの生命力を得るためのお祭りが開かれ、日本では夫婦岩のある三重県の二見輿玉神社で行われる 「夏至際」が有名です。雑節では夏至から11日目を半夏生といい、黄経100度の点を太陽が通過する日。
半夏という植物が 咲く頃、畑仕事や田植えも終わりの目安となっています。

◯七十二候 
・初候:乃東枯(なつかれくさかるる:ウツボグサが黒く枯れたようになるころ) 
・次候:菖蒲華(あやめはなさく:アヤメの花が咲き始めるころ) 
・末候:半夏生(はんげしょうず:カラスビシャクが生え始めるころ)

◯旬のたべもの 
きゅうり、ピーマン、枝豆、鮎など

◯季節のたのしみ 
旧暦6月の末日は大祓いの日。

年末に、一年分の大掃除をまとめてするのもいいけれど、半年に一度、もしくは月の満ち欠けや旧暦の節目、大祓いの日に 合わせて心身環境を見直すのもおすすめ。小さな子供のいる家庭では、一年に一度では難しいことも..小刻みに目安を作れば、案外進んで行くもの。

先日お話し会に来てくださった方は、寒くて体がかじかむ冬ではなく、夏に大掃除をするのだと話してくれました。色々な節目、自分の気が満ちているタイミングで住環境を整えていくのもいいですね。

------

*この二十四節気の配信は、天地自然のリズムと調和して生きる円形の暦「太陽系時空間地図:地球暦」を元にしています。365日360度惑星の動き・地球の変化が感じられてとても楽しい暦です。

3月21日始まりの「地球暦2019」まだまだ人気。好評発売中です!
http://camwacca.shop-pro.jp/?pid=139277868

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
自然とつながるライフセレクトのお店
CAMWACCA SELECT STORE
STORE
http://camwacca.shop-pro.jp/
blog
http://blog.camwacca.jp/
https://ameblo.jp/giftofwonder/
YouTube 
https://m.youtube.com/channel/UC6PtA2_g10TncFwkDtvnnzw
LINE@
http://camwacca.jp/about/lineat.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



links

ビーナちゃんのみつろうクレヨン

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode