動画:ビーナの二十四節気便り「白露」

 

 

祝24回 一巡り
「ビーナの二十四節気便り:白露」

 

去年の秋分から制作を始めたこの「ビーナの二十四節気便り」。
いよいよ、今回の号、「白露」で24作目、最後の号が完成しました。

まずは、一年間観てくださったり、FB等でシェアくださったり、コメントやフィードバックをくださった方、本当にありがとうございます。


皆さんのレスポンスにも、とても励まされ、一巡りすることができました。

 

 

最後まで試行錯誤しましたが、この動画制作を通じて季節ごとに味わい深い体験がいっぱい。遊びにきながら制作に参加してくれた、ビーロくん、ビーアちゃんにも感謝!

制作が始まった時にはまだよちよち歩きだった、ビーロくんの妹もすっかりおしゃべりができるようになってきて、これから全体を見直す中では登場してくれるかな・・・

 

地球暦とともに暮らす日々の中で、二十四節気を含む雑節を意識するようになり、その中で季節の変化に細やかに気づくようになり、その時期を五感いっぱいに味わう歓びが増しました。

ともすると、ただすぎゆく毎日が、意識を向けて感じてみると、どれほどの豊かさに溢れているか・・・
めぐる季節の豊かな恵みを、子どもたちも深く感じているようです。

 

 

今回は白露ということで、実際に朝起きて、露が結んでいる様子を観察。
ほんとだ!朝陽でキラキラ!と子どもたちも大喜びでした。

いつも、子どもたちが楽しみにしている「季節の楽しみコーナー」では、スパイスを潰しながらふわっと立ち上がる香りに一同うっとり・・


フルーツともハーブとも違う、なんとも言えない深い香りに鼻を澄まして感じ入りました。

炭酸で割ってジンジャーエールにしたり、お湯で割ったり、ミルクティーに入れたり、豆乳にすこし混ぜて飲んだり・・

涼しくなってきた季節にぴったり。
レモン汁や糖分の量などで色々楽しめるので、よかったら作ってみてくださいね。

 

 

10月3日(木)には、逗子100saiにて、また秋のお話会をさせていただきます。

詳細はまたカムワッカ のFBとブログなどでお伝えしていきますが、今回は秋の自然の変化と暮らしの楽しみ、慣習などをお伝えしつつ、乾燥して行く季節にぴったりの「ミツロウとシアバター」のクリームを参加者の皆さんと作る予定です。

 

今回使用するシアバターもアロマも、どちらもとても質のいいものなので、楽しみにしていてくださいね。

それから、今回のお話会では、企画者である秋山アヤさんの「秋のランチ」を召し上がっていただけます!「おひさまクッキング」を主催していて4人のお子さんのお母さんであるアヤさんのご飯はとても温かなお味が大好き。おすすめです。

 

<募集中>

○ 宇井のどか 暮らしの中で味わい楽しむ季節のお話@逗子100sai(10月2日)

  10時〜12時頃まで。希望者はランチをご一緒しましょう。(2500円+会場費500円・ランチ代1000円)

     *ランチの中には会場費も含まれます。メール、もしくはお問い合わせフォームよりお申し込みください。

 

   前回、夏の会に続き、秋のお話会をさせていただきます。

   24の季節のことを知ることで、身近にある自然の細やかな変化に気づき思わず嬉しくなったり、暮らしの中に季節ごと

   の五感を取り込んでいくことで、なにげない毎日がちょっと幸せに感じられたり・・

   同じ毎日がもっと豊かに楽しくなる暮らしの豆知識を、手仕事と合わせてお伝えいたします。

   今回の手仕事はミツロウとシアバターで作るクリーム。自然のものだけで作るので、安心して様々にお使いいただけます。

 

 

○ 松木正さんのオープンカウンセリング@世田谷(10月23日、11月12日)

 

 小中高を始めとする教育現場〜企業の研修まで、幅広い年齢を対象として様々な場を通じて「あるがままに生きること」を支えてきた、松木正さんによるオープンカウンセリング。

 

このオープン・カウンセリングでは、ある一定のグループの中で、松木さんが参加者の方の話を聞いていきます。話す人は話してみることで、自分自身で気づいてなかった本心に気づいていきます。松木さんは、話し手が発する言葉や動作、声色や感情、さらには部屋の空気の変化など、あらゆる微細な変化と共にいて、話し手やその場が無自覚に発しているそのシグナルが何になろうとしているのか、どうなろうとしているのか、「生命」が「そうなろう」とする働きを促していきます。

 

 


おすすめイベント「じぶんだけの肩チュンbirdをつくろう」

 

<募集中の講座>

 9/11(木)教育者でありカウンセラーの「松木正さんよる子育て講座」を開催

 

   

  テーマは、主に思春期以降の育ちについて。

      前回、10歳頃までの育ちについても振り返りがありますので、今回からの参加も可能です。

  関東での開催は貴重な機会です。気になっている方、よかったらご一緒しましょう。

  *残席残り少なくなって来ています。ご参加希望のかたは早めの申し込みをお勧めします。

 

鳥を愛し、素敵な商品や様々な活動を展開されている 株式会社 鳥 様。

ワークショップ「じぶんだけの肩チュンbirdをつくろう」では、カムワッカの『ビーナちゃんのみつろうクレヨン』も使って頂いています。

 
そのワークショップが、9月14日(土)にURBAN RESEARCH DOORS マルイ吉祥寺店で行われるそうです。

http://www.urdoors.com/workshop/27372/
お近くにお住いの方は是非!

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

写真の説明はありません。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、鳥

*写真は株式会社鳥さんのFBページよりお借りしています

 

以前、スタッフも子どもと参加しましたが、見慣れている(?)スズメが、どんな体の構成をしているのか・・・よーく観察することは、対象に愛着を感じる一歩になると実感しました。面白いですよ〜

 

●「お家で肩チュンbirdキット」は通販でも販売されています。
是非、みつろクレヨンと一緒に、楽しんでみてください。
※注意※
「お家で肩チュンbirdキット」にみつろうクレヨンは付属しません。
https://birdsinc.thebase.in/items/22966652

 

●ビーナちゃんのみつろうクレヨン
http://camwacca.shop-pro.jp/?pid=74363385

 

 

 

 

 

 


8/25 みつろうクレヨンワークショップ@逗子を開催しました

 

<募集中の講座>

 9/11(木)教育者でありカウンセラーの「松木正さんよる子育て講座」を開催

 

  テーマは、主に思春期以降の育ちについて。

      前回、10歳頃までの育ちについても振り返りがありますので、今回からの参加も可能です。

  関東での開催は貴重な機会です。気になっている方、よかったらご一緒しましょう。

  *残席残り少なくなって来ています。ご参加希望のかたは早めの申し込みをお勧めします。

 

8月最後の日曜日。

神奈川県にある、逗子文化プラザ市民交流センターにて、みつろうクレヨンの親子ワークショップを開催しました。

 

今回のワークショップは、市民交流センターの「トモイク」という、子どもも、大人も、そして地域も共に学び、共に育つ活動の一環で、年間講座の一つとしてお声がけいただいたもの。

 

みつろうクレヨンの発売以来、色々な機会でエコバッグ作りなどのワークショップはさせていただいてきたものの、お話〜みつろうクレヨン体験〜エコバックづくりまで一連のワークショップとして開催するのは初めてのこと。

 

ただ、日程から会場選択、広報や当日の運営サポートまで、市民交流センターの皆さんの温かなサポート、そして参加者の皆さんのおかげで、メンバーみな楽しみながら開催することができました。

 

 

これまでのワークショップでは、エコバッグ作りが中心だったのですが、夏休み企画として今回は前半に、お話の部分を。

 

 みつろうって何?何からできているの?

  

 (逗子の養蜂家、はやし養蜂さん https://www.hayashi-youhou.com/から分けていただいた蜜蝋。)

 *まだ少し蜂蜜がついています。

 

 どんなものに使われているの?

 去年、子供たちと作ったみつろうのキャンドル

    

 みつろうクレヨンの香りを嗅いだ子どもたち

 「いい香り〜!」「甘い匂いがする」

 

 そして、いのちをつなぐミツバチの存在だということ、

 みつばちが蜜を集めながら、お花からお花を周り、受粉して果実ができること。

 

 

 でもみつばちはとても繊細。環境の変化に繊細がゆえ、私たちもミツバチが生きやすい環境を育んでいくことが大切だということ・・などなど。

みつばちやミツロウに関することをまずはお伝えして、

 

さあ、いよいよ描いてみよう!

まずは蜜ろうクレヨンの特性の一つである重ね塗り

色と色を重ねるとどんな色が現れるか・・

 

そして、削り出し「スクラッチング」という手法

色を塗り詰め、そこに黒や紫など濃い色をのせて、シャーペンの先やカッターなどで削り出して絵を描いていく方法。

 

 

これを最初から体験していると1時間くらいかかってしまうので、今回はあらかじめこちらで用意したものを

(今回は上に乗せる濃い色をアクリル絵の具で塗っています)

 

色が現れた瞬間「わっ!」と驚きの声が。

削っていくと現れてくる色や模様を楽しんでいる様子。

 

 

 

 

今回、隣の建物で逗子アートフェス2019参加作品の公開制作を開催されていたアーティスト松澤有子さんも親子で参加してくださり、

子供たちと一緒に没頭して描いている姿が印象的でした。

http://yukomatsuzawa.com/

 

ちなみに松澤さんの公開制作の様子は

 

海に流れ着いたプラスチック破片を地域のみんなで集め、お魚を作るというもの。参加したビーナちゃんは「楽しい!」と夢中に。

「海に行く時には、またプラスチック拾おうね」とビームくん。

 

スタッフの一人が、この逗子アートフェスティバル&松澤さんの作品制作に参加している関係で、ビーロくんはほとんどこの公開制作の現場にいるそう。

 

 

さて、描く体験が終わった後は、いよいよ世界に一つのエコバッグつくり。

 

何を描こうかなとまずは考える子

アクロバティックに描く子

テーマを決めたらどんどん描いていく子

バッグを並べて共同作品にしている仲良し友達

写真を見ながら描きつつ、オリジナルのキャラクターにしている子

 

 

描いた後はそれぞれアイロンをかけて・・・

出来上がり!

子どもたち一人一人の個性がキラキラ光って、とても素敵なバッグになりました。

 

 

  

 

 

 

  

 

エコバッグ作りはどの会場でもいつも人気。

子どもたちの今を、バッグに残したいという親御さんの気持ちで参加された方も。

 

ビーナちゃん、ビーロくんはそれぞれ小さい時から時々描いていたエコバッグ。時期とともに変化しているのも興味深く・・

 

今回ビームくんは実は初めて。

隣で描いていたビーロくんの忍者からインスピレーションをもらったり、大好きな宇宙をロケットとお星様で描いたり。。

みな楽しんでいる様子で、開催していてとても嬉しく感じました。

 

参加してくださったみなさん。

企画のお話をくださった、逗子文化プラザ市民交流センターさん、本当にありがとうございます。

 

 

次回は10月19日オランダとネットワークをつないで、削り出し「スクラッチング」で描くワークショップです。講師は、現在パッケージをデザインしてくださっている、オランダ在住のアーティスト嶋野ゴローさんです。

 

あるモチーフをベースに、いくつかの描き方を体験し学んでいくことで、自分でもモチーフをイメージしたり、オリジナルの絵を描いていけるようにお伝えできるといいなと、打ち合わせをしながら企画を進めています。

 

スタッフも楽しみな会。

今回は、大人の皆さんにもぜひたくさん描いて、体験していただけたら嬉しいです。

 

----

10月2日(水)9:00から市民交流センター窓口および電話・FAX・メールで受付。
TEL:046-872-3001
FAX:046-872-3003
E-MAIL:ac-center@zushi-psc.org

​----


「これでいい!」と思える子育てワークショップ:7.18のダイジェスト版

前回、7月18日に開催した松木正さんのワークショップは、お話の一つひとつ、伝えてくださるエッセンスから空気感まで、その全てが気づきに満ちていました。

中でも、「なるほど!そういうことだったんんだ!」ということ、特に大切だと感じる内容を、一部抜粋してお届けします。


次回は9月11日に開催

【FBイベントページはこちらから】https://www.facebook.com/events/1147189408801790/
【お申し込みはこちらから】http://camwacca.shop-pro.jp/?pid=144896285
ーーーーーー
 
「一緒にいること」について
 
キッチンで料理しているような時に子供がまとわりついてくるような時ってあるよね。子供は成長の中で、いろんな変化が起きてくると不安になってくる。だから安心が欲しくてベタベタしてくるんだよ。
 
なんでそうなっているか子供自身もよくわかっていない。だから、「なんかあったの?」って聞いても、「いや別に」ってはっきりしない。
 そんな時は、急に甘えてきたけれど、この子の中で今何が動いているんだろう?何を感じてるのだろう?そこに意識を向け繊細に感じ取りながら、ただ一緒にいるだけでいい。
 
その行為を拒否したり、判断するのではなく、そういう「なんか変なんだね…。」と、そのまま受け入れることが、子供にオッケーを与えることになって、安心感、自己肯定感につながるんだよ。
 

一緒にいるのに、心がここにないというのが一番傷つくんだ。忙しくたってなんだって、ほんの1分間でも腹抱えて笑う合うようなことが大事なんだ。心がちゃんとここに一緒にいるということだよ。
 
前回の子育てワークショップを開催した際の松木正さんの言葉の一例です。
講座の様子を垣間見られるように、前回のワークショップ【ダイジェスト】版を作成しました。ぜひご覧ください。
 
>>>
 
【ダイジェスト】「これでいい!」と思える子育てワークショップ2019.7.18

 
どんどん、その子になっていく。
より自分らしくなっていく。
 
そのエッセンスに触れられるよう、環境教育を通じ、自然の中でたくさんの子どもの育ちに関わっていらした経験豊かな教育者でありカウンセラーである松木正さんによる「これでいい!」と思える子育てワークショップ「根っこから幹へ」を再び開催いたします。
 
ぜひご参加ください!
 
【FBイベントページはこちらから】https://www.facebook.com/events/1147189408801790/
【お申し込みはこちらから】http://camwacca.shop-pro.jp/?pid=144896285


動画:ビーナの二十四節気便り「処暑」

感じて味わう季節のくらしをテーマに、
子どもたち&仲間と動画で綴っている「二十四節気」
処暑号ができました。

 


 
「小暑」と「処暑」?
 
音が似ている二つの節気。
慣れるまではなかなか読み方も覚束かず・・

 
「最初はあれ?どっちだっけ?」と言っていたのですが、調べて行くと納得。
「あぁ!なるほどそういうことだったんだね!」と嬉しそう。
 
シナリオが完成し、音声を吹き込んだ日の午後は、お友だちと誘いあってプールへl。
プールサイドを歩いていると赤とんぼの姿が〜・・・
「あ、赤とんぼ!いよいよ秋なんだね」
「涼しい風も吹いてきて夏も終わりだねー。」
 
おひさまの周りを巡りながら、日照や気温が変化して行くこと、季節が巡って行くこと、深く感じている様子の二人でした。
 
今回の節気では、この時期に現れてくる自然の姿をキーワードにして、内容とともに伝えたところ、ほぼビーナちゃんが内容や二人の会話をシナリオにしています。

 

次の節気で、まる1年の動画製作に。2週に一度の制作は、親子にとってもメンバーにとっても、サイクルの早い活動でしたが、子どもたちの中でも、メンバーの中でも、こうして調べ体験し動画にまとめて行く中で、季節の細やかな変化を感じ味わえる、楽しくかけがえのない活動だったなあと感じています。
  
次回の節気、白露の制作が終わったら全体を見直して少しバージョンアップをしながら、季節のわらべうたや暮らしの体験など、プラスαの情報配信を続けていきたいと思います。
 
皆様からの応援、感想やシェアなど、いつもありがとうございます。
子どもたちの励みにもなっています。

 

======
【8月25日みつろうクレヨンワークショップ@逗子】


https://www.facebook.com/…/a.13748021794…/2472260063010412/…
お申込・お問い合わせは、逗子市民交流センター窓口まで
TEL:046-872-3001 FAX:046-872-3003
E-mail:ac-center@zushi-psc .org

 

【9月11日松木正さんの子育てワークショップ】


世田谷区野毛「楽ちん堂カフェ」
http://camwacca.shop-pro.jp/?pid=144896285

 

  前回、7月18日の会のダイジェスト版をお届けしています。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
自然とつながるライフセレクトのお店 
CAMWACCA SELECT STORE 
STORE 
http://camwacca.shop-pro.jp/ 
blog 
http://blog.camwacca.jp/ 
https://ameblo.jp/giftofwonder/ 
YouTube 
https://m.youtube.com/channel/UC6PtA2_g10TncFwkDtvnnzw 
LINE@ 
http://camwacca.jp/about/lineat.html 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 



links

ビーナちゃんのみつろうクレヨン

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode