大雪:たいせつ(二十四節気 第21番)

大雪(たいせつ)

日の入りが早くなり、17時頃にはもう真っ暗。気温もぐっと下がり、木々も葉を落として、本格的な冬の到来を感じる季節になりました。

一方で、小さな芽を出しはじめた木々に触れ、冬は表に現れる活動こそ少ないけれど、次のいのちのサイクルに向け力を蓄えているのだと気付かされます。

私たちはつい目に見えることや、「動」に重きが置かれがちな気がしますが、水面下や「静」けさの中で蓄えられていることや、いのちの働きも、同様に大切にしていきたい、そんな風に感じて居ます。

大雪の次は、いよいよ陰のピークポイント「冬至」。冬至が来るとクリスマス、そして年末年始と年の節目に。

色々と忙しなくなる時期ですが、しっかりと睡眠をとり、腸も整え、元気に過ごしていきたいですね。ちなみに、ビーナちゃん・ビームくんは、梅やマヌカハニー、おみかんなどが冬のお供。腸整を意識して過ごすようになってから、二人とも冬でも大きく調子を崩すことが少ない気がします。

ーーーー

『大雪 : たいせつ ( 二十四節気:21番/太陽黄経255°) 』

 

12月7日から。
北風が吹き、山間部には大雪が降り一面が雪野原、平地でも雪が降り南天の実が赤く染まる頃と言われ ています。新しい年まで後三週間。そろそろお正月の準備も始まります。

本格的な冬の到来で動物達も冬ごもり。お家でぬ くぬく手仕事や読書も楽しい季節。「冬じたくのおみせ」「はたらきもののじょせつしゃ けいてぃー」「ふゆのよるのおくりもの」 「ゆき」など冬の絵本は読んでいて心が温かくなります。外は寒くも心温かく過ごしたいですね。

 

◯七十二候
・初候 : 閉塞成冬 ( そらさむくふゆとなる : 空が塞がれたように寒さに包まれていくころ)
・次候 : 熊蟄穴 ( くまあなにこもる : クマやリスなどの動物が穴で冬ごもりを始めるころ)
・末候 : 鱖魚群 ( さけのうおむらがる : 海を回遊していた鮭が産卵のため川を上がるころ)

 

◯旬のたべもの
かぶ、百合根、くわい、ニラ、ねぎ、洋なし、タラ、マダコなど

 

◯季節の楽しみ
みつろうキャンドル、ローズウィンドウ、ヒンメリなど、手仕事の楽しみがいっぱい。大きめの缶(海苔缶など)にみつろうを入 れたら、湯煎で溶かし、適度な長さに切ったキャンドル芯を何度もたらしていくと、みつろうキャンドルの出来上がり。木の株 を輪切りにしてヤスリで磨いてつくるキャンドルスタンドも素敵です。

 

 

 

*この二十四節気の配信は、天地自然のリズムと調和して生きる円形の暦「太陽系時空間地図:地球暦」を元にしています。365日360度惑星の動き・地球の変化が感じられてとても楽しい暦です。

「地球暦2019」まだまだ人気。好評発売中です!
http://camwacca.shop-pro.jp/?pid=139277868

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
自然とつながるライフセレクトのお店
CAMWACCA SELECT STORE
STORE
http://camwacca.shop-pro.jp/
blog
http://blog.camwacca.jp/
https://ameblo.jp/giftofwonder/
YouTube
https://m.youtube.com/channel/UC6PtA2_g10TncFwkDtvnnzw
LINE@
http://camwacca.jp/about/lineat.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


オランダとつながる、みつろクレヨン「スクラッチング」ワークショップ・レポート

 

2019年10月19日(土)に神奈川県逗子市で開催の「逗子アートフェスティバル2019」の関連企画として、オランダ在住のアーティスト&イラストレーター:嶋野ゴローさんとインターネット・ビデオで繋ぎ行う、みつろクレヨンを使った「スクラッチング」ワークショップを行いました。

 

 

 

 

午前の小学生以下の部は日本時間AM11:00から。オランダ現地時間はAM4:00。
ゴローさんには、早起きしていただき中継開始。
まだまだ暗いオランダの明け方の様子や、アムステルダムの位置を紹介などしてから、ワークショップ開始。
削るカッターの持ち方や、スクラッチングの仕方を教わり、まずは、線や丸を描いて、簡単なお花をイラストを描きます。

 

 


その後は用意された「ちょうちょ」の下絵を使い、ひとりひとりの感性で、自由な模様をスクラッチングで描いていきます。
初めての作業で最初はとまどった子どもたちでしたが、1時間後には、とても上手に削っていました。

 

 

 

●「ちょうちょ」スクラッチングのチュートリアル動画

 

 

 


午後の部は、高校生以上の部。
若い方からご年配の方まで、参加していただきました。
クレヨンは子どもの画材っと思われがちですが、色を重ねる楽しみや、今回のようなスクラッチングで細かい絵を描くことも可能。

 

 

 

今回は、「逗子から観る、海と富士山」風景画をスクラッチングで挑戦していただきました。

 

 

 

イラストの描き方、明暗をつけた色の重ね方、線の太さ・・・ 随所にゴローさんならではのテクニックを教えて頂きながら、出来上がるイラストは、各々の性格や工夫がみえ、どれもとても素敵なイラストが出来上がりました。

 

そもそもCAMWACCAと嶋野ゴローさんのご縁は、1昨年前の逗子アートフェスティバルのメインビジュアルを当時逗子に住んでいらしたGoroさんが、「ビーナちゃんのみつろうクレヨン」を使ってスクラッチング技法で描いていただいたご縁から。
その色鮮やかでかつ、力強い作品に、スタッフ一同感激!!
オランダに移住されてからも、これまでネットを通じてみつろうクレヨンの可能性について色々とご相談させていただき、今回のワークショップをさせていただきました。

 

 

今回のワークショップの手法だけでなく、その他、チュートリアル動画を、以下のページに掲載していますので、是非、ご自宅でやってみてくださいね。小さなお子様から、大人まで楽しめる、みつろうクレヨンによるスクラッチング技法。
普通のオイルクレヨンと比べると、カスも出にくく、ご家庭でも安心して試していただけます。

 

●Goroさんと楽しむ みつろクレヨン スクラッチング

http://camwacca.jp/crayon/goroscratch.html


 

 

 

上記ページの動画を参考にしながら、ご自宅でも是非チャレンジしてみてくださいね。

 

 

 

 

●使っているのは「ビーナちゃんのみつろうクレヨン」です

 

 

 

●なめらかな描き心地と、美しい発色
●みつろう40%配合日本の職人が作った、安全性の高いクレヨン
●生命ワックスなので安心・安全
●ベタつかず、カスが出にくく、よごれにくい

日本製のクレヨン 「ビーナちゃんのみつろうクレヨン」の詳細・お求めはこちら


動画:ビーナの二十四節気便り「小雪」

24の季節を動画で綴るシリーズ。

去年の秋分からスタートして、今回が28作目。

 

のはずでしたが、実は27作目。

 

というのは、

 

立冬あたりは、ビーナちゃん、ビームくんたちの行事ピーク。

今までなんとか時間を合わせて作ってきたけれど、兄弟それぞれに行事の連続で時間が作れず、1年2ヶ月目にして「立冬」をおやすみしてしまいました。


盛りだくさんの行事の一つは、「子ども夢横丁」。この行事は、二人が毎日過ごしているプレーパークで開催されたもので、子どもたちによる1日限りの商店街が出現。

二人とも、1ヶ月ちょっと前に説明会に参加し、メンバーを集め、お店の内容を決めて、お店を建設し、商品を作って出店。
ビーナちゃんは焚き火で10回焼きそばを焼き続け、ビームくんは「しゃてきや」さんで来てくれるお客さんとの時間を楽しみ・・

 

他の行事とも重なりながらも、二人ともとても嬉しそうにイキイキとしていました。

 

 

そんな立冬期間を経て・・
 
「まもなく小雪だけれど、動画はどうする?」
と尋ねたところ、
「同じ内容でも吹き込み直して作りたい!」
と子どもたち。

 

子どもたちにとっても、節気の節目でこの動画を作るのは、季節の楽しみやおやつ作りも含めて、楽しみなようです。

 

店先に並ぶ柑橘も、よく見ていると街路や庭先にたくさんなっているのに気づきます。
そのままだと酸っぱかったりするけれど、ゼリーやジャムにすると、野性味溢れる自然のままの味わいがなんとも美味しくて、「大地からいのちを分けてもらっている」ともすると当たり前になってしまっている感謝を思い出すことができる気がします。

 

ゼリーや寒天は一年を通して子どもたちの大好物ですが、果実を絞って作るのはやっぱり美味しさが違う!今年も柑橘ゼリーは大人気でした。

 

それから、子どもたちにとって、お店で手にする果実や実が、河川敷や普段通る道にも実っていて、暮らしの身近なところにある、それは二十四の季節、自然の変化を意識するようになり、暮らしの中に取り込まれてきて、一層感じられている様子です。

 

「いのちのつながりの中で、私たちは生き生かし合っている」
日常は色々な設備に守られているけれど、
必要になったら、自分自身で身を守る空間が作れたり、生きるために必要ないのちを探し分けていただいたり、時に火を起こし火を通して口にしたり、いのちのタネを繋いで行く。

 
そんな生きていく行く強さを、季節の暮らしの中でも育んでいきたいと改めて感じています。

 


小雪:しょうせつ(二十四節気 第20番)

小雪(しょうせつ)

ここ数日、関東では気温が一気に下がり、北のほうからは雪の便りが届くようになりました。

お散歩をしていると手がかじかんで思わず擦り合わせてしまいますが、温かい飲み物やお洗濯物から立ち上がる湯気が、朝陽に照らされてとても綺麗。
空気が乾いて澄んだこの時期だからこその美しい景色にうっとりしてしまいます。窓辺での日向ぼっこも幸せな季節。

まもなく12月で、グレゴリオ暦では、1年の最後の月。
慌ただしい時期になってきますね。

気温の急激な変化で体調を崩されている方も多いそうなので、お腹や首を中心に身体を温め、しっかり睡眠をとりながら、消化に良い食べ物や少食にして腸を休めて、身体の自然な回復機能が働くように過ごして行きたいなと思います。

ーーーー

『小雪 : しょうせつ ( 二十四節気:20番/太陽黄経240°) 』

11月22日から。
北国から雪の便りが届く頃。雪と言ってもまだそれほど多くはないので小雪と呼ばれたのだそう。日差し がだんだん弱くなり、美しく色づいた木の葉も散り始めて、イチョウや柑橘類は黄色くいろづいてくる頃です。冷え込みも 徐々に厳しくなっていくので、心身・住環境の冬の備えを忘れずに。体を中から温める、小豆かぼちゃや鰤(ぶり)大根もいいですね。

◯七十二候
・初候 : 虹蔵不見 ( にじかくれてみえず : 日差しが弱まり、虹をあまり見かけなくなるころ)
・次候 : 朔風払葉 ( きたかぜこのはをはらう:北風で木の葉が散り始めるころ)
・末候 : 橘始黄 ( たちばなはじめてきばむ:柑橘の果実が黄色に色づき始めるころ)

◯旬の味覚
白菜、セロリ、自然薯、大根、寒ブリ、みかんなど

◯季節のたのしみ
落ち葉あそびが楽しい季節。いろいろな遊び方はあるけれど、落ち葉の絨毯を歩いたり、落ち葉プールで遊んだり、きれい な葉っぱをグラーデーションに並べたり..楽しみが無限に広がる自然のあそびです。



*この二十四節気の配信は、天地自然のリズムと調和して生きる円形の暦「太陽系時空間地図:地球暦」を元にしています。365日360度惑星の動き・地球の変化が感じられてとても楽しい暦です。

「地球暦2019」まだまだ人気。好評発売中です!
http://camwacca.shop-pro.jp/?pid=139277868

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
自然とつながるライフセレクトのお店
CAMWACCA SELECT STORE
STORE
http://camwacca.shop-pro.jp/
blog
http://blog.camwacca.jp/
https://ameblo.jp/giftofwonder/
YouTube
https://m.youtube.com/channel/UC6PtA2_g10TncFwkDtvnnzw
LINE@
http://camwacca.jp/about/lineat.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

<募集中>

○ 宇井のどか 暮らしの中で味わい楽しむ季節のお話@逗子100sai(12月12日)

  10半時〜12時半頃まで。希望者はランチをご一緒しましょう。

  (2500円+ランチ代1000円(会場費500円含む))

   *ランチには会場費も含まれます。メールinfo@camwacca.jpにてお申し込みください。

 

○ よっぴー・まりんさん多様な学びとクリエイティブな子育て講座(11月29日品川・30日逗子)

  29日は品川区スクエア荏原にて10半時〜12時半頃まで。希望者はランチをご一緒しましょう。

  30日は逗子市民交流センターにて13半〜15時半頃まで。希望者はお茶をご一緒しましょう。

  *詳細は近日アップ予定です。

 

○ 松木正さんのオープンカウンセリング@世田谷(12日16日)

 

 小中高を始めとする教育現場〜企業の研修まで、幅広い年齢を対象として様々な場を通じて「あるがままに生きること」を支えてきた、松木正さんによるオープンカウンセリング。

 

このオープン・カウンセリングでは、ある一定のグループの中で、松木さんが参加者の方の話を聞いていきます。話す人は話してみることで、自分自身で気づいてなかった本心に気づいていきます。松木さんは、話し手が発する言葉や動作、声色や感情、さらには部屋の空気の変化など、あらゆる微細な変化と共にいて、話し手やその場が無自覚に発しているそのシグナルが何になろうとしているのか、どうなろうとしているのか、「生命」が「そうなろう」とする働きを促していきます。

 

 


立冬:りっとう(二十四節気 第19番)

寒露(かんろ)

 

昼夜の寒暖差が大きくなり、木々が鮮やかに彩づいて来ました。
また朝晩の冷え込みに、セーターを着たり、靴下を一枚増やしたり・・
気付いたら季節はすでに冬に向かいつつあるのを感じます。

子どもたちの秋の行事も終盤に差し掛かる時期、少しゆっくりしながら焚き火を楽しむのもいいですね。
焚き火をしつつ、おこした炭でキノコを焼いたり、里芋やおむすびを焼いていただいたり・・ゆっくりじわじわと火を通したものには格別な美味しさがあります。

これから冬至に向かって日が短くなって行くので、編み物や縫い物をしながら、ゆっくり過ごすのもいいですね。

土用は開けたものの、寒暖差が一層大きくなるのでどうぞ身体を温めて元気にお過ごしください。

ーーーー

『立冬 : りっとう ( 二十四節気:19番/太陽黄経225°) 』

11月8日から。
立冬とは、立春・立夏・立秋と並ぶ季節の大きな節目で冬の始まりのこと。「立」には新しい季節になると いう意味があります。体感的にはまだ秋で、山間部から木の葉も色づいていきます。立冬を迎えるころには、朝夕は冷え込 み日中の日差しも弱まって、木枯らし一号や初雪の便りも届き始めます。

◯七十二候
・初候 : 山茶始開 ( つばきはじめてひらく: サザンカが咲き始めるころ)
・次候 : 地始凍 ( ちはじめてこおる : 朝霜が降り、大地が凍り始めるころ)
・末候 : 金盞香 ( きんせんかさく : 水仙がいい香りを漂わせながら咲くころ)

◯旬の食べ物
蓮根、芋類、りんご、生ガキ、マグロなど

◯季節のたのしみ
温かい食べ物が幸せに感じる季節。コトコトじっくり火を通すお料理は体も心も芯から温めてくれるよう。陰性のものから陽 性のものへと順に重ねてゆっくり火を通す重ね煮という調理法があります。作りおきができて、お味噌汁や煮物、カレーな どいろいろなお料理に応用が利きます。

 

 

*この二十四節気の配信は、天地自然のリズムと調和して生きる円形の暦「太陽系時空間地図:地球暦」を元にしています。365日360度惑星の動き・地球の変化が感じられてとても楽しい暦です。

「地球暦2019」まだまだ人気。好評発売中!
http://camwacca.shop-pro.jp/?pid=139277868

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
自然とつながるライフセレクトのお店
CAMWACCA SELECT STORE
STORE
http://camwacca.shop-pro.jp/
blog
http://blog.camwacca.jp/
https://ameblo.jp/giftofwonder/
YouTube
https://m.youtube.com/channel/UC6PtA2_g10TncFwkDtvnnzw
LINE@
http://camwacca.jp/about/lineat.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

<募集中>

○ 宇井のどか 暮らしの中で味わい楽しむ季節のお話@逗子100sai(12月)

  10半時〜12時半頃まで。希望者はランチをご一緒しましょう。

  (2500円+ランチ代1000円(会場費500円含む))

   *ランチには会場費も含まれます。メールinfo@camwacca.jpにてお申し込みください。

 

○ よっぴー・まりんさん多様な学びとクリエイティブな子育て講座(11月29日品川・30日逗子)

  29日は品川区スクエア荏原にて10半時〜12時半頃まで。希望者はランチをご一緒しましょう。

  30日は逗子市民交流センターにて13半〜15時半頃まで。希望者はお茶をご一緒しましょう。

  *詳細は近日アップ予定です。

 

○ 松木正さんのオープンカウンセリング@世田谷(12日16日)

 

 小中高を始めとする教育現場〜企業の研修まで、幅広い年齢を対象として様々な場を通じて「あるがままに生きること」を支えてきた、松木正さんによるオープンカウンセリング。

 

このオープン・カウンセリングでは、ある一定のグループの中で、松木さんが参加者の方の話を聞いていきます。話す人は話してみることで、自分自身で気づいてなかった本心に気づいていきます。松木さんは、話し手が発する言葉や動作、声色や感情、さらには部屋の空気の変化など、あらゆる微細な変化と共にいて、話し手やその場が無自覚に発しているそのシグナルが何になろうとしているのか、どうなろうとしているのか、「生命」が「そうなろう」とする働きを促していきます。

 

 



links

ビーナちゃんのみつろうクレヨン

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode