立冬:りっとう(二十四節気 第19番)

りっとう(立冬)

【ビーナちゃんの二十四節気(第19番:立冬)】


秋から冬へと移行する土用の期間があけ、いよいよ冬のはじまりです。
暖房を入れるにはまだ早いなあと思いつつ、日中の窓辺でひなたぼっこが幸せなこの頃。
灯油ストーブに火を入れるようになったら、子どもたちとミツロウのろうそくをつくろうと思っています。

 

ーーー

 

『立冬:りっとう(二十四節気:19番/太陽黄径225°)
11月7日から。立冬とは、立春・立夏・立秋と並ぶ季節の大きな節目で冬の始まりのこと。「立」には新しい季節になるという意味があります。体感的にはまだ秋で、山間部から木の葉も色づいていきます。立冬を迎えるころには、朝夕は冷え込み日中の日差しも弱まって、木枯らし一号や初雪の便りも届き始めます。

 

◯七十二候
・初候:山茶始開(つばきはじめてひらく:サザンカが咲き始めるころ)
・次候:地始凍(ちはじめてこおる:朝霜が降り、大地が凍り始めるころ)
・末候:金盞香(きんせんかさく:水仙がいい香りを漂わせながら咲くころ)

 

◯旬の食べ物
蓮根、芋類、りんご、生ガキ、マグロなど

 

◯季節のたのしみ
温かい食べ物が幸せに感じる季節。コトコトじっくり火を通すお料理は体も心も芯から温めてくれるよう。陰性のものから陽性のものへと順に重ねてゆっくり火を通す「重ね煮」という調理法があります。作りおきができて、お味噌汁や煮物、カレーなどいろいろなお料理に応用が利きます。

 

ーーー

*ビーナちゃん・ビームくんのナレーションによるイラスト動画「ビーナの二十四節気便り。本日お昼頃に配信の予定です。いつも応援いただきありがとうございます!どうぞおたのしみに。

 

◯カムワッカからのおしらせ◯

 

「ごはん会を企画しています」

これまで仲間内や縁あるメンバーと一緒に、海辺やデイキャンプ場、キャンプ場などでさまざまに、竃ご飯を食する会をしてきましたが、今回初めてカムワッカ企画でごはん会をしてみようという話になっています。多分、年明け1〜2月ころ。

 

ごはん会では、言葉や写真など画面上では伝えるのが難しい、Flower Of Oceanのお塩Yin-Yang米の美味しさを味わっていただいたり、選りすぐりのお野菜で作ったつゆ物、ごはんのお供なども用意して、お子様連れ・お友達と一緒に参加していただけるような会にしようと思っています。会場は神奈川県の逗子駅周辺で検討中です。

 

ご興味ある方は、Line@に登録しておいてくださいね。

ご登録いただいた方には、作家の大滝正明さんからの限定プレゼント企画(流木のクラフト品や手書きのイラストなど)やその他特別なご案内もあります。


ビーナの二十四節気便り「霜降」

 

ビーナちゃん・ビームくん企画&ナレーションによる季節のお便り最新号は「霜降」です。
二十四節気についての情報、旬の食べ物やお花、季節のお楽しみなど、子供ならではの視点でお伝えしています。

 

今回は季節のお楽しみの中でビームくんも大好きな焚き火について、ビームくんが話します。焚き火も写真で紹介したいとビーナちゃん。今回残念ながらお芋が家になく焼けなかったけれど、ほかほか香ばしい焚き火の香りに包まれて幸せな秋のひと時。

 

動画での配信は今回3回目。企画やナレーションにも少しずつ慣れてきましたが、長い文を覚えるのが難しくて飽きて遊び始めてしまうビームくんに、ビーナちゃんはもっと覚えやすい言葉や長さを考えたり、時にはちょっとした兄弟喧嘩が始まったり・・・

でも録音された自分たちの声を聞いたり、動画になったのを観ると思わずにっこりする二人です。

 

私にとっても動画を作りながら、子供たちと季節の変化を感じたり、美味しいもの楽しいことを一緒に味わっていくのが楽しく幸せな時間。

 

まだたどたどしさが残る動画ですが、あたたかくお見守りお楽しみいただけたら嬉しいです。


霜降:そうこう(二十四節気 第18番)

霜降(そうこう)

【ビーナちゃんの二十四節気(第18番:霜降)】

 

朝晩の気温がぐんとさがり、空も澄んできました。いよいよ秋も最後の節季です。
温かい飲み物や汁物が幸せに感じる季節。市街地では場所も限られてしまうけれど、デイキャンプ場やプレイパークで焚き火でお芋を焼くと美味しくて、ほっこり笑顔の輪が広がります。
外からも内からも身体を休めあたため、次の節季「立冬」に備えて元気に過ごしていきたいですね。

 

ーーー

 

『霜降:そうこう(二十四節気:18番/太陽黄経210°)』

10月23日から。霜降とは、霜が降りる頃という意味で、秋最後の期間。 朝晩の冷え込みが厳しくなり、木々も色鮮やかに紅葉し始めて、初霜の知らせが聴かれるのがこの頃です。コートや暖房器具の準備など、冬支度もそろそろ。また秋から冬への移行期間「土用」の真っ只中。キャンドルをたいて心静かにお茶を飲んだり、読書をしたり、ゆったりと夜長を楽しむのもいいですね。

 

◯七十二候
・初候:霜始降(しもはじめてふる:霜が大地に降り始めるころ)
・次候:霎時施(こさめときどきふる:ときどき小雨が降る時期)
・末候:楓蔦黄(もみじつたきばむ:紅葉や蔦も色づき始めるころ)

 

◯旬の味覚
小豆、山芋、とんぶり、柿、かりん、鮭など

 

◯季節のたのしみ
気温も下がり、焚き火を囲みながらのおしゃべりに花が咲く季節。子どもたちと一緒に火をおこすのも楽しいもの。枯れ葉や枝を集め、枯れ葉/小枝/中枝/太い枝へと空気が通りやすいように層で重ね、葉に着火をするときれいに燃えていきます。デイキャンプ場は手軽に焚き火をたのしめるおすすめ空間です。

 

*ビーナちゃん・ビームくん企画&ナレーションによる『ビーナの二十四節気便り(霜降)』も本日お昼頃に配信です。どうぞお楽しみに。

 

#二十四節気
#地球暦
#暮らし

 


「ビーナの二十四節気便り(寒露)」

イラストや写真とともに節季をお伝えする、ビーナの二十四節気便り「寒露」をお届けします。

 

この二十四節気便りでは、各節気についてビーナちゃんが見聞き感じたことを元にシナリオを書き、ビームくんとともにナレーションをしています。お花の写真はビーナちゃん&作家の大滝正明さんによる撮影。またイラストも大滝さんが描き下ろしてくださっています。

 

今回はお便りにあわせ、季節のおやつ「サツマイモの茶巾づくり」も楽しみました。その様子はまたFBやブロブにて。

季節の移ろいや立ち上がり。その変化にワクワクしたり、おいしく楽しんだり・・ご自身ではもちろん、親子・家族・お友達・ふとであった方々とみんなで味わい楽しんでいただけるとうれしいです。

#おうちも学校



寒露:かんろ(二十四節気 第17番)

寒露(かんろ)

 

【ビーナちゃんの二十四節気(第17番:寒露)】

 

ここ数日また暑さが盛り返しつつ、気温も下がりすっかり秋らしくなりました。新米の便りも届き始め、おいしいものがいっぱいの実りの季節ですね。

大地、お日さま、お水、空気、豊かな自然の働き、そして自然とともにいのちを育て届けてくださっている沢山の方々、目には見えない沢山の働きが本当に尊くありがたく感じます。

今年は想像を超えた自然の働きに、各地で大変な思いをされている方もいらっしゃいます。その方々への心からのお見舞いを申し上げるとともに、何気ない毎日にある大きな豊かさと日々イノチの輪の中で生かされていることに感謝と敬意を持って過ごしていきたいと思います。

 

ーーー

『寒露:かんろ(二十四節気:17番/太陽黄経195°)』

 

10月8日から。
寒露とは、晩夏から初秋にかけて野草に宿る冷たい露のこと。秋の長雨が終わり、本格的な秋の始まり。晴れの日が多くなる一方、夏とは明らかに違う冷たい空気に肌寒く感じることも増えてくる時期です。この頃に衣替えする方も多いとか。

一年のうちでも月の美しさが際立つ頃。 毎年9月中旬〜十月上旬には名月十五夜が。およそ一ヶ月後には十三夜があります。(今年は9月24日が十五夜で、10月21日が十三夜。)十五夜は中国から伝来したものですが、十三夜は日本独自の風習で、十五夜にはお団子を十三夜には栗や豆類をお供えするそうです。

 

◯七十二候
・初候:鴻雁来(こうがんきたる:雁が北国から戻ってくるころ)
・次候:菊花開(きくのはなひらく:菊の花がさくころ)
・末候:蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり:虫たちが戸口で鳴くころ)

 

◯旬の味覚
穀物、きのこ、銀杏、さつまいも、アケビ、梨、シシャモなど

 

◯季節のたのしみ
旬のシンプルおやつは、さつまいもの茶巾しぼり。さつまいもを蒸かしてつぶし、レーズンと豆乳と混ぜ、最後に布巾やラップで茶巾包みするだけの簡単おやつ。お好みで栗やかぼちゃを加えたり、シナモンをまぜたり、ココナッツオイルやバターを入れてもおいしいです。親子でワイワイつくってみてくださいね。



links

ビーナちゃんのみつろうクレヨン

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode