【みつばち】ハチミツは虫歯にならない?

ハチミツは美味しい!
でも、「甘いもの」というところで気になるのが虫歯・・・
ハチミツと虫歯の関係はどうだろうか?と調べてみると

『医学的にはっきりしたことは申し上げられませんが、はちみつには殺菌効果があり、カルシウムも含まれるので、虫歯の原因になるミュータンス菌の繁殖を抑制すると言われています。口臭予防にも効果があるようです。砂糖より虫歯になりにくいということは言えると思いますが、はちみつにはブドウ糖や果糖も含まれていますので、一概に虫歯にならないとは言えません。』とラベイユのHPに記載されていました。
http://www.labeille.jp/qa/index.html

教えて!gooでは

『確かに蜂蜜は単糖類なので、虫歯にはならないかも知れません。しかし、虫歯にはなります。虫歯になる為には、細菌を歯に付着させる物質と酸が必要ですが、果糖には「酸生成」能力はあります。ただ細菌が歯に付着して持続的に歯を溶かさないので虫歯にならないのです。細菌を歯に付着させる作用が大きいのが砂糖ですが、他にも普段食べている炭水化物でも砂糖ほどではないけど、起きます。
 でも毎食後歯磨きをしていれば、食間の蜂蜜キャンディーは、さほど気にする必要はありません。心配なら水を定期的に飲むかうがいをすれば、歯に付着していない細菌は流れてしまいます。
・・・歯医者の指導で、正しい磨き方を覚え、定期健診はしましょう。』
とありました。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1996603.html

砂糖と比べ、ブドウ糖・果糖の単糖類が主たる成分のハチミツは吸収されやすく、虫歯になりにくいと言えるようです。
殺菌効果も期待できるようです(エジプトのミイラはハチミツで防腐処理されていたことが一部確認されているらしい!?)が、やはり、ハチミツを食べても虫歯にならないというよりも、歯磨きの衛生管理は必要でしょうね。


【みつばち】ニホンミツバチは言葉と感情をもっている?

「ニホンミツバチが日本の農業を救う」
著者の久志冨士男さんによると

ニホンミツバチは人間と同じ心を持っているとしか思えないという。

ミツバチがダンスで花蜜の在りかを仲間に知らせることができることはよく知られている。

久志冨士男さん曰く
ミツバチはダンスだけでなく、羽音や、匂い、体毛の動きという言葉によって意思伝達を行っている。
接触している者同士は同じ行動をとり、微かな動きの変化が全体に伝っていく姿がみてとれるのだと。
一匹のハチの感情は瞬時に全体のものになる様子は興味深い現象ですね。

以下、本文からの写しです。
「喜怒哀楽の感情も持っていて、それを常に羽音や体の動きで表現している。だから一つの群れは一つの感情を共有している。私はニホンミツバチを扱うときは無意識のうちに羽音に耳を澄ましている。一つの群れのハチたちが今何を考えているのか、リアルタイムで理解している。嬉しいときは嬉しそうな羽音、いらだつときは苛立たしそうな羽音、怒ったときは甲高い羽音を出す。その羽音が人間の口調と同じなのが不思議である。」

久志冨士男さん高校で英語教師を務めながらニホンミツバチを飼い始め、定年退職後はニホンミツバチの生態研究と普及に専念されていらっしゃる方です。

2009年からは「ミツバチ助け隊」という活動も始められている。
http://mitsubachi.org/

3月〜5月は養蜂スタート(分蜂)の時期。
これから花も咲き始め、蜂たちも活発に動き始める季節ですね。
3月19−20日には日本在来種みつばち養蜂講座にいってきます。
講師は世界で初めて日本ミツバチの交尾を観察した藤原誠太さん。
http://gioffice.jp/index.html

楽しみです。


(栗)



【おもちゃ】リングリィリング(Naef/ネフ)

前回に引き続き、スイスのネフ(naef)社の乳幼児用玩具(おもちゃ)を紹介。

リングリィリング
リング

この「リングリィリング」は、とても軽くてしなやかな印象です。
小さいリングがあたるカチャカチャっというもやさしい音。
我が家では子どもに渡す際に、リングの数を「いーち、にー、・・・」と数えてあげるととても喜びます。

トイストラップでベビーカーに取り付けて、お出かけするときにもお気に入りのおもちゃです。




【おもちゃ】ティキ(ネフ)

まず最初の紹介は、ロングセーラ玩具の代表でもあるスイスのネフ(naef)社の「ティキ」です。
我が家の子どもの最初のおもちゃとして渡しました。

ティキ

ネフ社のおもちゃの素晴らしさは、ニキティキ(※)を始めとして様々なショップ・メディアで紹介されているので、ここであえて繰り返す必要はないですが、そのデザインもさることながら、木の手触りは本当に気持ちが良いです。

個人的には、この「ティキ」の重さのバランスが良い所とても好きで、子どもの手にもしっくり馴染んでいると思います。
最初の頃はそのまま口に持っていき、赤、青、緑の玉をペロペロとなめていました。
ヨダレでべたべたになりますが、清潔な布巾などで拭いてあげれば問題ないです。
10ヶ月になる最近は、ブンブンと振り回しています。

子どもがはじめて手にするおもちゃの一つとして、いかがでしょうか?

(みね)



※ニキティキ:35周年を向かえる良質なヨーロッパの玩具を販売するショップ。
 いつ遊びにいっても、とても楽しいです。
 ニキティキによるネフ社の紹介

 ニキティキ ホームページ



【おもちゃ】はじめに

camwacca(カムワッカ)には、もうすぐ3歳の女の子がいる夫婦のスタッフと、10ヶ月になる男の子がいる男性スタッフがいます(2011年2月現在)。

camwaccaの最初の商品が小さな子ども向けの「みつばちハウス」になったのは、そんな自分たちの子ども達に楽しく遊ぶことのできる玩具を届けたい、という思いもこもっています。

もちろん世の中には、たくさんの素敵な玩具(おもちゃ)があり、われわれスタッフの家庭でも子ども達が楽しく遊んでいます。
このブログカテゴリ<玩具(おもちゃ)>では、camwaccaスタッフの家庭で実際に使っている玩具を中心に、紹介したいと思っております。

自分の子どもや、お孫さんに。または、友達へのプレゼントに。
少しでも参考になれば幸いです。

(みね)


links

ビーナちゃんのみつろうクレヨン

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode