処暑:しょしょ(二十四節気 第14番)

処暑(しょしょ)

【ビーナちゃんの二十四節気(第14番:処暑)】

 

二十四節気の秋2番目の節、処暑。

涼しかった立秋の期間を経て、ここ数日の関東は再び暑さが戻って来ました。お彼岸までは暑さが続きそうですが、耳を澄ますと虫の音が。肌に感じる夜風はほんのり涼しく秋のはじまりを感じます。夏野菜がメインだった食卓も、旬のツルムラサキやみょうがをおひたしにして秋仕様。

已然続く台風の発生に、全国各地が小難無難に、豊かな実りの秋を迎えられますように。

 

ーーー

 

『処暑:しょしょ(二十四節気:14番/太陽黄経150°)』

 

8月23日から。 「処暑」とは暑さが和らぐという意味。秋の彼岸まではまだ暑さが続くもののピークは過ぎ、朝夕は涼風が吹いてほんのり秋らしさもでてくるころ。 夏から秋に移り行く期間、徐々に中庸の食べ物で体を整えたり一つ羽織ものを持って出かけたり、心身も環境も秋の準備を始める目安の時期です。

 

◯七十二候
・綿柎開(わたのはなしべひらく:綿を包んでいる萼が開くころ)
・天地始粛(てんちはじめてさむし:暑さがようやく収まってくるころ)
・禾乃登(こくものすなわちみのる:稲が実り、穂先が重く垂れ下がってくるころ)

 

◯旬の食べ物
みょうが、ツルムラサキ、青唐辛子、ぶどう、イチジク、イワシなど

 

◯季節の楽しみ
綿花が咲いて稲穂が実り、秋の七草(はぎ、なでしこ、ききょう、ふじばかま、おみなえし、おばな、くず)に虫の声。夏の名残を惜しみながらも自然の世界ではすでに沢山の秋が見つかります。五感をすまし、一日で夏と秋の両方を味わうのも楽しいですね。


立秋:りっしゅう(二十四節気 第13番)

立秋(りっしゅう)

 

【ビーナちゃんの二十四節気(第13番:立秋)】

 

今日は立秋。暦の上では秋が始まります。
「土用があけるのは今日だったよね?確かになんだか空気が違う」と、朝起きて来た子どもたち。台風の影響もあってか今朝は急に気温の下がった今朝の東京。自然現象は調整作用とはいえ各地の小難無難を祈るばかりです。

 

暑さはまだ続くようですが、冷たいものは控えめに。からだの中に熱がこもらないように自然の作用を上手に使い、汗も適度にかいて、季節の変化に合わせて身体も整えていきたいですね。

 

ーーー

 

『立秋:りっしゅう(二十四節気:13番/太陽黄経135°)』

8月7日から。夏至と秋分のちょうど真ん中で、暦の上では秋が始まります。ただ、日中は残暑厳しく一年で最も気温が高くなる頃で、残暑見舞いを出すのもこの期間。各地で夏祭りが行われます。お盆の時期で夏の行楽もまだ続いていきますが、耳をすますと夏の終わりを告げるヒグラシやの虫の声が。空には秋のうろこ雲が顔をのぞかせる頃。ツユクサも綺麗に咲いています。

 

◯七十二候
・初候:涼風至(すずかぜいたる : 日差しも和らぎ秋の涼しい風が吹き始めるころ)
・次候:寒蝉鳴(ひぐらしなく :朝夕にひぐらしが鳴き始めるころ)
・末候:蒙霧升降(ふかききりまとう : 山や水辺に深い霧が立ち込めるころ)

 

◯旬の味覚
新しょうが、赤唐辛子、ずいき、モロヘイヤ、茄子、桃、アワビなど

 

◯季節の楽しみ
お彼岸と並びお盆といえばお墓まいり。もともとお盆は、いのちのバトンを繋いでくれたご先祖様に、感謝と敬いの気持ちを表す神事だったそう。その後伝来した仏教と合わさり、お供物を捧げて、ご先祖様に感謝するようになったのだとか。様々に便利になりゆく今ですが、昔ながらの行事には先人のこころが詰まっているかのようです。


大暑:たいしょ(二十四節気 第12番)

大暑(たいしょ)

【ビーナちゃんの二十四節気(第12番:大暑)】

 

全国的に酷暑続く今年の夏ですが、夏の最後の節気。土用そして大暑があけると暦の上では秋になります。

子どもたちは夏の節気に作る、冷たいデザートが毎年のお楽しみ。凍らせておいたフルーツと甘酒をブレンダーにかけて手作りアイスを楽しみます。

 

一年を通じ旬のフルーツを凍らせておき、ガラスのケーキ型もしくは牛乳や豆乳のパックを容器にし手作りアイスを一段ずつ重ねて凍らせると、アイスケーキの出来上がり。子どもたちでも簡単に作れるので、自分の誕生日に向けて作るのも楽しいもの。
(*重ねるのは一段ずつしっかり凍ってからがおすすめです)

とはいえ、土用中は大気が不安定で体調を崩しやすいので、しっかり休みを取りつつ冷たいものも程よい程度に。
まだまだ続く暑さの中でも元気に過ごしていきたいですね。

 

ーーー

『大暑:たいしょ(二十四節気:十二番/太陽黄経 百二十°)』

 

7月23日から。梅雨が明け、快晴が広がり気温が上がり続けていくころ。実際のピークはもう少し先ですが、夏から秋に向かう土用の真っ只中、鰻やうどん、梅干しなど、昔から「う」のつくもので精をつけて。大暑が過ぎると暦の上ではもう秋。ついつい暑くて手が伸びがちな冷たいものは少し控えめにしながら、夏野菜で穏やかに涼を得て過ごすと秋〜冬に調子が整います。小暑・大暑の期間がいわゆる暑中と呼ばれる期間で、この時期に暑中見舞いを出すのが習わしです。

 

◯七十二候
・初候:桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ:桐の実がなり始めるころ)
・次候:土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし:土がじっとりとして、まとわりつくような暑さを感じるころ)
・末候:大雨時行(たいうときどきにふる:入道雲がでて、夕立など大雨が降るころ)

 

◯旬の味覚
とうもろこし、きゅうり、枝豆、大葉、すいか、ウニ、うなぎ、スズキなど

 

○季節のお楽しみ
海に山に川に楽しい遊びがたくさんの季節。室内を涼しくし過ぎずに、たくさん遊びたくさん汗をかいて代謝を良くしておくと、熱中症になりにくいようです。お外遊びの時には大人も子供も帽子と飲み物を忘れずに。また汗疹には桃の葉を煮出してお風呂に入れるとすっと良くなっていきます。


小暑:しょうしょ(二十四節気 第11番)

小暑(しょうしょ)

【ビーナちゃんの二十四節気(第11番:小暑)】

 

七夕の今日からは小暑の期間が始まり暑さも本格化。関東地方では早くも6月に梅雨明けしすでに暑い日が続くなか、水辺で楽しそうに遊ぶ子どもたちの姿が印象的です。

 

エアコンを使わない我が家では自然の恵みが一層ありがたく感じられるこの頃。トマトやキュウリ、茄子など、夏野菜に身体を優しくさましてもらいながら元気に過ごしていきたいです。

 

また身体がほてりすぎたと感じたら、常温の水を洗面器やたらいにはり、純度の高い精油をたらして足浴をするといいときき、早速いろいろためしています。
*体質によって、また妊婦さん・赤ちゃんには注意が必要なので、よく調べたりお近くのアロマテラピストさんに相談してみてくださいね。

 

ーーー

 

『小暑:しょうしょ(二十四節気:11番/太陽黄経105°)』

 

7月7日から。梅雨が明け、暑さが本格化する頃。地中から起き出し羽化した蝉が鳴き始め、蓮も咲き始めます。暑さも日に日に増してくるので、体を程よく冷ましてくれる夏のお野菜をとりながら、しっかり汗をかいて過ごすといいそうです。

 

7月20日から8月6日までは季節の入れ替わり、「土用」の期間。土用といえば丑の日のうなぎが有名ですが、栄養のあるものを頂くのはもちろん、この時期に迎えくる秋に備えて自分の身体や心をいたわってあげましょう。

 

◯七十二候
・初候:温風至(あつかぜいたる:日差しが強くなり、熱い風が吹き始めるころ)
・次候:蓮始開(はすはじめてひらく:蓮の花が美しく咲き始めるころ)
・末候:鷹乃学習(たかすなわちわざをなす:5〜6月に生まれた鷹が飛び猟りを覚え、巣立ってゆく頃)

 

◯旬の味覚
いんげん、ゴーヤ、冬瓜、ドジョウ、穴子など

 

◯季節のたのしみ
7月7日は七夕。「たなばた」とは元々織り機のことで、日本の神事でした。短冊に願い事は江戸時代から始まった風習ですが、五色の短冊は中国の陰陽五行説にちなんだもので、様々な紙飾りにもそれぞれに意味があるそう。お飾りをつくったり願い事を書いたりしていると、心にもふっと橋がかかるようです。


夏至:げし(二十四節気 第10番)

夏至(げし)

【ビーナちゃんの二十四節気(第10番:夏至)】

 

春分からスタートしてお日さまの周りを1/4(90°)進み、陽の気が満ち満ちていよいよピークポイントの夏至。今日を境に昼が短くなっていくとおもうと少し寂しい気もします。

お米づくりをしている友人からはもうすぐ田植えが終わるよとのレポートが。間もなく半夏生で、梅雨があけるといよいよ本格的な夏。まだ暑さが控えめなこの時期に、旬の食からいのちの力をたっぷりもらい暑さに負けない身体づくりをしていきましょう。

 

ーーー

 

『夏至:げし(二十四節気:10番/太陽黄経90°)』

 

6月21日から。
夏の折り返し地点。北半球では一年中で一番昼が長く夜が短くなります。冬至に比べると昼間の長さはプラス四時間。梅雨の最中で暑さのピークは一ヶ月ほど先になるものの、この日を境に日は一日毎に短くなっていきます。

夏至には世界中で、お日さまの生命力を得るためのお祭りが開かれ、日本では夫婦岩のある三重県の二見輿玉神社で行われる「夏至際」が有名です。雑節では夏至から十一日目を半夏生といい、黄経百度の点を太陽が通過する日。半夏という植物が咲く頃、畑仕事や田植えも終わりの目安となっています。

 

◯七十二候
・初候:乃東枯(なつかれくさかるる:ウツボグサが黒く枯れたようになるころ)
・次候:菖蒲華(あやめはなさく:アヤメの花が咲き始めるころ)
・末候:半夏生(はんげしょうず:カラスビシャクが生え始めるころ)

 

◯旬のたべもの
オクラ、実山椒、ジュンサイ、夏みかん、鮎など

 

◯季節のたのしみ
六月の末日は大祓いの日。一年分の大掃除をまとめてするのもいいけれど、月の満ち欠けや旧暦の節目、大祓いの日に合わせて心身環境を見直すのもおすすめ。というのも、小さな子供のいる家庭では、一年に一度では難しいことも‥小刻みに目安を作って片付けていくのもいいですよね。



links

ビーナちゃんのみつろうクレヨン

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode