さつまいもの茶巾絞り:かぼちゃバージョン

ビーナの二十四節気便り「寒露」でご紹介しているさつまいもの茶巾絞り。

今年も動画に合わせて作ったところ、作るも楽しく食べて美味しく、家族みんな大喜び。

 

子供たちの通うスクールで一足早いハロウィンパーティーを企画したそうで、今年はこのかぼちゃバージョンを配りたいと娘。かぼちゃバージョンは実は初めてなので、「いいね〜。作ろう作ろう!」と盛り上がり、昨日はさつ&かぼ茶巾絞りを作ってみました。

 

正直、昭和生まれの私にはあまりハロウィンの慣習がなくて、毎年戸惑う行事の一つだけれど、子供たちは仮装をして家では出ない特別なおやつをもらえるのがお楽しみのようです。

 

 

【茶巾絞り 約20個分】

 (材料)

   さつまいも 小〜中 3本

   かぼちゃ 中 1/4個

   レーズン 大さじ2くらい

   豆乳 50ccくらい

   *バターorココナッツオイル 大さじ1

   *シナモン:ひとつまみくらい

量は目安で、*はお好みで。

柔らかめに孵化した時には豆乳を控えるといいと思います。

 

(作り方)

 1:さつまいもとかぼちゃを洗う。

 2:かぼちゃはお好みで皮をむき、8等分くらいにきる。

 3:お鍋に湯を沸かして、竹くしかお箸がスッと入るくらいまで蒸す。

 4:ボウルに入れて潰す。

 5:豆乳とバター、もしくはココナッツオイル、お好みでレーズンとシナモンを加え、混ぜる。

 6:ラップか付近でキュキュッと茶巾絞りにする。

 ハロウィンパーティーにはお好みでラッピングも可愛いです。

 

 

 

さつまいもとかぼちゃをよく洗って

 

かぼちゃの種を取り

 

 

お鍋で櫛かお箸がスッと通るまで蒸して

 

蒸し上がったら潰して(さつまいもの皮は剥いてもそのままでもお好みで)

豆乳とバターorココナッツオイル、お好みでレーズンやシナモンを入れ

 

今回はハロウィンで配るのでラップに乗せて、キュキュっと包み

(お家で食べる分は布巾にすると、自然に優しくていいですよね)

 

紐で止めてラップをカット

 

 

これまたハロウィンバージョンでカードをつけるというので折り紙を切って

(半分におり、また半分におり、またその半分に折って切っています)

 

ハッピーハロウィンと書いたらテープで留めていました。

 

今回、たまたま来ていた私の母の煮リンゴ(蜂蜜煮)を入れてみたのですが、そのままいただいた方が美味しかった。。(がーん)

シンプルにさつまいもとかぼちゃ、レーズンとシナモンの風味だけで美味しかった気がします。

 

良かったら親子でワイワイ作ってみてくださいね。

 

 

ビーナの二十四節気便り寒露の動画はこちらです

 

二十四節気をはじめ、一年一周、太陽系の惑星の今日がわかり、天地のリズムとシンクロして行くための時空間地図「地球暦」もとても面白くておすすめです。

 

 

 


「ビーナの二十四節気便り(寒露)」

イラストや写真とともに節季をお伝えする、ビーナの二十四節気便り「寒露」をお届けします。

 

この二十四節気便りでは、各節気についてビーナちゃんが見聞き感じたことを元にシナリオを書き、ビームくんとともにナレーションをしています。お花の写真はビーナちゃん&作家の大滝正明さんによる撮影。またイラストも大滝さんが描き下ろしてくださっています。

 

今回はお便りにあわせ、季節のおやつ「サツマイモの茶巾づくり」も楽しみました。その様子はまたFBやブロブにて。

季節の移ろいや立ち上がり。その変化にワクワクしたり、おいしく楽しんだり・・ご自身ではもちろん、親子・家族・お友達・ふとであった方々とみんなで味わい楽しんでいただけるとうれしいです。

#おうちも学校



寒露:かんろ(二十四節気 第17番)

寒露(かんろ)

 

【ビーナちゃんの二十四節気(第17番:寒露)】

 

ここ数日また暑さが盛り返しつつ、気温も下がりすっかり秋らしくなりました。新米の便りも届き始め、おいしいものがいっぱいの実りの季節ですね。

大地、お日さま、お水、空気、豊かな自然の働き、そして自然とともにいのちを育て届けてくださっている沢山の方々、目には見えない沢山の働きが本当に尊くありがたく感じます。

今年は想像を超えた自然の働きに、各地で大変な思いをされている方もいらっしゃいます。その方々への心からのお見舞いを申し上げるとともに、何気ない毎日にある大きな豊かさと日々イノチの輪の中で生かされていることに感謝と敬意を持って過ごしていきたいと思います。

 

ーーー

『寒露:かんろ(二十四節気:17番/太陽黄経195°)』

 

10月8日から。
寒露とは、晩夏から初秋にかけて野草に宿る冷たい露のこと。秋の長雨が終わり、本格的な秋の始まり。晴れの日が多くなる一方、夏とは明らかに違う冷たい空気に肌寒く感じることも増えてくる時期です。この頃に衣替えする方も多いとか。

一年のうちでも月の美しさが際立つ頃。 毎年9月中旬〜十月上旬には名月十五夜が。およそ一ヶ月後には十三夜があります。(今年は9月24日が十五夜で、10月21日が十三夜。)十五夜は中国から伝来したものですが、十三夜は日本独自の風習で、十五夜にはお団子を十三夜には栗や豆類をお供えするそうです。

 

◯七十二候
・初候:鴻雁来(こうがんきたる:雁が北国から戻ってくるころ)
・次候:菊花開(きくのはなひらく:菊の花がさくころ)
・末候:蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり:虫たちが戸口で鳴くころ)

 

◯旬の味覚
穀物、きのこ、銀杏、さつまいも、アケビ、梨、シシャモなど

 

◯季節のたのしみ
旬のシンプルおやつは、さつまいもの茶巾しぼり。さつまいもを蒸かしてつぶし、レーズンと豆乳と混ぜ、最後に布巾やラップで茶巾包みするだけの簡単おやつ。お好みで栗やかぼちゃを加えたり、シナモンをまぜたり、ココナッツオイルやバターを入れてもおいしいです。親子でワイワイつくってみてくださいね。


「ビーナちゃんの二十四節気便り」がはじまりました

太陽の周りを二周とすこし巡りながら配信している「ビーナちゃんの二十四節気」。

 

この秋分から新しく「ビーナの二十四節気便り」として、Youtubeでの配信が始まりました。

ビーナちゃん、ビームくんによる語りがまだたどたどしいですが、ビーナちゃん企画によるナレーションと大滝さん&ビーナちゃんによるイラストや季節の写真をお楽しみいただけたら幸いです。是非応援をよろしくお願いいたします。

 


秋分:しゅうぶん(二十四節気 第16番)

秋分(しゅうぶん)

【ビーナちゃんの二十四節気(第16番:秋分)】

 

青く澄んだ空に、さらさらと肌をなでる風。
店頭には栗や松茸、さんまなど秋の味覚も並び始め、秋らしさが増してきました。

今日から秋分。秋の中間点でもあり、春分からスタートしたこの年度の折り返し地点です。

ビーナちゃんの二十四節気では、新しい取り組みとしてイラストと写真による動画配信をはじめていきます。
まだたどたどしいビーナちゃん・ビームくんの語りですが、温かくお見守り&楽しんでいただけたら幸いです。

 

ーーー
『秋分:しゅうぶん(二十四節気:16番/太陽黄経180°)』

 

9月23日頃から。春分を起点に太陽をちょうど半周まわった折り返し地点。春分同様、太陽は真東からのぼって真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ等しくなります。

秋分点付近では朝日夕日がとても美しく力強さを感じます。秋分はお彼岸のお中日。「暑さ寒さも彼岸過ぎまで」という表現があるように、例年この頃からぐっと秋らしさが増していきます。またお彼岸と言えば「おはぎ」。萩の花を由来としているそうです。

 

◯七十二候
・初候:雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ:夏に鳴り響いていた雷が収まってくるころ)
・次候:蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ:虫たちが冬ごもりの支度を始めるころ)
・末候:水始涸(みずはじめてかる:田んぼの水を抜いて、稲刈りの準備をはじめるころ)

 

◯旬の味覚
まつたっけ、葉とうがらし、里芋、ザクロ、さんま、さばなど

 

◯季節の楽しみ
おいしいものがたくさんの実りの季節。日本は世界中でも生物の多様性が特に多い国なのだとか。四季折々豊かな自然に恵まれた国で、私たちは生き生かされているのですね。七輪に炭を起こし、旬の里芋、おむすびなどをゆっくりじっくり焼き味わうのもおすすめです。



links

ビーナちゃんのみつろうクレヨン

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode